読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

カカトを踏んでしまう子どもに、ニューバランスの「スリッポン」がおすすめ

Updated

以前、キッズシューズのアキレス「瞬足」を当ブログで紹介しました。娘2人は「瞬足」を履いて毎日通学(園)しているのですが、外で遊ぶことが多く、いつも砂や泥で汚れています。
さすがに週末に汚れたシューズを履かせるのは可哀想なので、週末用のシューズを アマゾンで探しました。そこで偶然見つけたのが、ニューバランス「スリッポン」です。

運動靴にもスリッパにもなる「2in1」な運動靴

最大の特徴は、カカトを踏んづければスリッパになること。子どもが靴を履くときに「カカトを踏んづけちゃダメでしょ!」といつも怒っている親御さんにおすすめです。

運動靴として使う場合

スリッパとして使う場合

「スリッポン」の秘密はカカトにあり

なぜ、スリッパとしても運動靴としても使えるのか?
秘密はカカト部分の素材にあります。上の動画でもわかるとおり、カカト部分には伸縮性のある素材が使われているので、閉じた状態(スリッパ)でも、開いた状態(運動靴)でも使えるわけです。
よく見るとカカト部分の外側はメッシュ状になっており、折り曲げても布地が痛まない設計になっています。

伸縮性はありますが、決して弱々しくなく、開くとピンと立ちます。さすがに「形状記憶合金」は入っていないと思いますが、感覚的にはそれに近いですね。

スリッパとして履いても、ぜんぜん違和感ないそうです。

カカト部分が柔らかいので運動靴として使うと脱げちゃうのでは?と思いましたが、アキレス腱のカーブにピタリと張り付くので、脱げる心配はありませんでした。うまく設計されているなと感心しました。

後ろから見た様子。カカトの素材とアッパーの素材が分離されているので、スリッパとして使っても形状が安定しています。

どこから見ても、普通の運動靴ですよね。

「スリッポン」のはき心地レビュー

今回は7歳と5歳の娘たちに1足ずつ購入しました。


子供たち感想をひと言ずつもらいました。
長女:(運動靴として)ちょうどぴったり。履きやすくて、脱げにくい。でも、いつも赤い靴ばかりで嫌だ。
次女:何これ、面白い。スリッパとして使えるのがいい。
カラーバリエーションが豊富で、本当はピンクが欲しかったのですが、お揃いのサイズが見つからず赤(レッド)にしました。

親から見た「スリッポン」の評価


初めて Amazonで見つけた時は「え!?どういうこと?」と仕組みがよく理解できなかったのですが、実際に履かせて見ると上手く設計されているなと感心します。
スリッポンは、スリッパとしても使える「運動靴」ではなく、スリッパでもあり運動靴でもある「シューズ」です。
スリッパは単なるオマケ機能ではありません。カカト部分の設計と素材を工夫することにより、構造的にスリッパでもあるし、運動靴でもあるわけです。
親としては、出かけるたびに玄関で「カカトを踏んづけちゃダメでしょ!」と小言を言わなくて良いので助かります。運動靴としても履きやすいので、玄関でのストレス度合いがグッと下がります。
ただし、カカトを踏まずに靴を履けるようになる、という意味では根本的な解決にはなっていないですね。

Profile

tomo(とも)。マラソンがライフワークの36歳。マラソンブロガー・外資系会社員・二児パパ。夢は福岡国際マラソンに出場すること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎