読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

Garminウォッチの買取金額を調べる方法(ForeAthlete 935/945)

Updated

使わなくなったGarminランニングウォッチの「ForeAthlete 945」を買取業者のラクウルに査定してもらいました。使用期間は半年ほどの美品、箱や付属品がすべて揃った状態で、買取価格は17,000円でした。

この記事では、Garminランニングウォッチを買取業者に査定してもらう方法を紹介します。

ラクウルで買取査定

今回利用したのは「ラクウル」という買取業者。大手家電量販店ビックカメラのグループ会社であるソフマップが運営する買取サービスです。

スマートフォンのアプリで買取金額を調べることができ、集荷の手配も簡単。買取金額の確認や振込もすべてアプリで完結します。

アプリ:iPhoneAndroid

僕は5年前からソフマップの買取サービスを愛用しており、これまでにランニングウォッチだけでなく、パソコンやカメラ、スマートフォンやイヤフォンなどの買取を依頼しています。

ForeAthlete 945の買取金額

査定・買取の流れを簡単に説明します。

  1. 買取商品を検索する
  2. 集荷を依頼する
  3. 買取金額を確認する

買取商品を検索する

スマートフォンでラクウルのアプリを起動し、機種名で検索します。「ForeAthlete」で検索すると結構出てきます。例えば、「ForeAthlete 235J」をタップすると、買取の上限金額が表示されます。

ちなみに、今回僕が査定に出した「ForeAthlete 945」は検索結果に表示されません。比較的新しい機種は情報が無いようです。しかし、情報がなくても査定してもらえます。

集荷を依頼する

次に、アプリのタブで「売る」を選び、集荷の依頼をします。自分で発送したり、買取出張を依頼することもできますが、僕はいつも集荷をお願いしています。

集荷用のダンボールを選び、集荷日時を指定して完了。あとは、集荷の方が来たら売りたいものを手渡すだけ。

買取金額を確認する

後日、アプリに査定金額が確定したという通知が届きます。僕は火曜日に集荷してもらい、金曜日に査定金額が確定しました。

今回は「ForeAthlete 945」と一緒に、使わなくなったイヤフォンとタブレットも同時に査定してもらいました。「ForeAthlete 945」の査定金額は17,000円でした。

査定金額を確認して、売る・返却するを選択します。

売るを選択すると、ウォレットに買取金額が入金されます。ウォレットの残金は、銀行振込もしくはビックカメラ・コジマ・ソフマップのポイントカードに移すことができます。

ForeAthlete 935の買取金額

以前、「ForeAthlete 935」もラクウルで買取してもらいました。

使用期間は約2年。3箇所に目立たない傷があり、箱や付属品などが全部付いて、買取金額は10,000円でした(2019年10月時点)。

メルカリに出品したり、他の買取業者に出した方が、もっと高い値段で買い取ってもらえるかもしれません。

でも、手間と時間を考えたら「ラクウル」での買取も悪くありません。運営母体がビックカメラのグループ会社なので安心、というのも大きいです。

まとめ

以上、Garminランニングウォッチを買取業者に査定してもらう方法を紹介しました。

使わなくなったGarminランニングウォッチの「ForeAthlete 945」を買取業者のラクウルに査定してもらいました。使用期間は半年ほどの美品、箱や付属品がすべて揃った状態で、買取価格は17,000円でした。

Profile

tomo(とも)。マラソンがライフワークの36歳。マラソンブロガー・外資系会社員・二児パパ。夢は福岡国際マラソンに出場すること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎