【比較】マラソン向け塩タブレット・塩飴5選。塩分チャージがおすすめ

2018.07.31 > 

ランニングの熱中症対策に欠かせない塩分・ミネラル補給。必要な分だけ持ち運べて、手軽に食べられる塩タブレット・塩飴を5つ紹介します。おすすめは「カバヤ食品 塩分チャージタブレッツ」です。

森永製菓 inタブレット塩分プラス

まず最初に紹介するのは、森永製菓の「inタブレット塩分プラス」。

1粒2.5g、食塩相当量は0.051g。100円玉サイズのタブレットに、ビタミンB群、ビタミンC、クエン酸、塩分、カルシウムが凝縮されています。ラムネのような食感なので、噛んだり、なめたりできます。

あの「10秒チャージ」で有名な「inゼリー」と同じブランド。コンビニのエナジードリンクコーナーで見かけますよね?

カバヤ食品 塩分チャージタブレッツ

次に紹介するのは、カバヤ食品の「塩分チャージタブレッツ」。

あまり名前を聞かないメーカーですが、カバヤ食品は岡山県のお菓子メーカー。パッケージの左上には「日本学校保健会推薦」の文字が目を引きます。

1粒2.8g、食塩相当量は0.107g。1円玉サイズのタブレットに、カリウム、クエン酸、塩分が含まれています。噛んだり、なめたりできますが、良い意味でザラツキ感があるので、溶けてなくなるまで時間がかかります。

ロッテ 小彩 塩タブレット

こちらは、ロッテの「小彩 塩タブレット」。ロッテらしいコンパクトなサイズと、レモンのパッケージが目立ちます。

1粒2.5g、食塩相当量は0.1g。100円玉サイズのタブレットに、ビタミンC、クエン酸、塩分を配合しています。食感はかなり硬く、噛み砕くと顎の筋肉が疲れます。

井関食品 熱中飴レモン塩味

ここからは、なめて食べる塩あめを紹介。ひとつ目は井関食品の「熱中飴レモン塩味」。井関食品は大阪にある、伝統的な「手作り飴」のメーカーです。

商品名がとてもわかりやすいですね!パッケージデザインはダサく感じますが…。「ガツンと塩から酸っぱいレモン塩味」と書いてありますが、それほど「ガツン」とはせず、優しい、後味すっきりの飴です。

1粒5g、食塩相当量は0.32g。100円玉サイズの飴に、砂糖、塩分、クエン酸が含まれています。飴なので噛み砕くのはほぼ不可能。ゆっくりなめて食べるしかありません。

佐久間製菓 応塩飴

最後は佐久間製菓の「応塩飴」。応援ならぬ応塩。

見た目はよくあるフルーツキャンディーです。味は「スイカ塩味」「レモンライム塩味」「グレームフルーつ塩味」の3種類。淡路島の「藻塩」を使っています。

1粒5g、食塩相当量は0.17g。球体の飴に、砂糖、塩分、クエン酸、ビタミンCが含まれています。

袋に特徴があって、気温が25℃を超えると「水と塩分補給を!」の文字が浮かび上がる仕組みになっています。気温で変色する特殊な塗料を使っているのですね。

左は冷蔵庫で(25℃以下)、右は常温で(25℃以上)で保管した状態です。

まとめ

以上、マラソン向けの塩タブレット・塩飴を5つ紹介しました。どれもAmazonなどのネット通販で買えるので、気になる物があればぜひ試してみてください。

個人的に一番おすすめなのは「カバヤ食品 塩分チャージタブレッツ」でした。

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

この記事を書いた人

tomo
埼玉県在住の37歳。マラソンブロガー・会社員・二児の父親

こちらもおすすめ

同じカテゴリの最新記事

ブログの他にも、YouTube、Strava、Twitterでランニングに関する情報を発信しています。

- YouTube -

主にランニングシューズのレビュー動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると嬉しいです。

チャンネルをチェック ▶︎

- Strava -

Garminウォッチで記録したアクティビティはStrava(ストラバ)で一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック ▶︎

- Twitter -

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

ともらん人気記事

ともらん新着記事