【コース紹介】高橋尚子ロード(岐阜県)

tomo
2019.05.01 > 

高橋尚子さんが高校時代に練習で走っていたコース。長良川の河川敷にある片道2500mのランニングコースの起点には、五輪金メダル獲得を讃える記念碑が建っています。

この記事では、岐阜県の「高橋尚子ロード」のランニングコースを紹介します。

高橋尚子ロードの魅力

岐阜市内を訪れたら、是非とも走ってみたいのが「高橋尚子ロード」。高橋尚子さんが高校時代にトレーニングを行なっていたところを、ランニングコースとして岐阜市が管理しています。

コースは長良川の河川敷にあるので、長良川を眺めながらランニングが楽しめます。

コース概要

場所は、岐阜市内を流れる長良川(ながらがわ)の北側の河川敷。ちょうど長良橋と忠節橋の間の区間です。

高橋尚子ロードを走るなら、長良川公園からスタートするのがおすすめ。岐阜駅からアクセスしやすいですし、近くにQちゃんの記念碑もあります。
岐阜駅から長良川公園まではバスで20分ほど。

12番・13番のバスに乗り、長良橋の北側にある「鵜飼屋」停留所で降りると便利です。運賃は片道210円。

高橋尚子ロードは全長2500mのコース。河川敷なので基本的にフラットです。長良橋から金華橋までは、路面が赤・緑色で塗装されており、距離表示もあります。

自転車の乗り入れは禁止されているので、安心してランニングに集中できます!

以下は、Stravaのアクティビティ。クリックすると詳細が確認できます。

走ってみた

実際に、「高橋尚子ロード」のランニングコースを走ってみた様子を紹介します。

金華橋の近くには、Qちゃんのランニングシューズと足型を型どった記念碑が建っています。

高橋尚子ロード
シドニーオリンピック 2000.9.24
高橋尚子選手 ゴールドメダル記念
女子マラソン優勝タイム 2時間23分14秒

なんとも言えぬオーラを感じます。Qちゃんの足って意外と大きいんですね。

長良橋から金華橋までは、路面が赤・緑色で塗装されており、距離表示もあります。

金華橋から忠節橋までは、どこにでもあるような散歩道でした。

最大の特徴は、ロード・芝生を選んで走れること。スピード重視の練習ならロード、ランニングフォームの改善や脚への負担を減らしたいなら芝生、というように使い分けができます。自宅の近所にもこういうコースが欲しい!

ちなみに、毎年4月に岐阜市で開催される「ぎふ清流ハーフマラソン」では、ラスト3kmあたりで高橋尚子ロードを並走します。

まとめ

以上、岐阜県の「高橋尚子ロード」のランニングコースを紹介しました。

高橋尚子さんが高校時代に練習で走っていたコース。長良川の河川敷にある片道2500mのランニングコースの起点には、五輪金メダル獲得を讃える記念碑が建っています。