読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

【週刊ともらん】今年の「ボストンマラソン」は開催されるのだろうか…

Updated

1週間の出来事を振り返る「週刊ともらん」。2020年3月2日〜2020年3月8日は、次のボストンマラソンに向けて練習を再開しました!

今週の走行距離は55.1km

火・木・金は同じ11kmコースを淡々と走りました。1回に走る距離を伸ばして、月間走行距離の底上げを目指します。

ポイント練習は土曜日の20km走。サブ3ペースを狙っていきましたが、10kmを過ぎてからペースダウン。結局、平均ペース4’21/kmで落ち着きました。

帰り道にちょっとした人助けをして、10分ほど練習を中断しました。

在宅勤務

今週は週2で在宅勤務(テレワーク)にチャレンジ。通勤に往復2時間かかりますが、やっぱり出社した方が仕事しやすいなと感じました。

通勤時間は時間のムダという人もいますが、僕にとっては忙しい1日の中で、何も考えずにボーッとできる貴重な時間。

在宅勤務だとその時間がなくなるためか、いつも以上にストレスがたまります。

そういう時はやっぱりランニングするのが一番。

法要

日曜日は、祖母の四十九日の法要に参加しました。

祖母は今年の1月に89歳で息を引き取り、あの世へ旅立ちました。

その翌週に参加した「別府大分毎日マラソン」では、ラスト3kmで祖母が背中を押してくれて、何とかサブ3を維持できました。

名古屋ウィメンズマラソン

納骨式の準備中、車の中で「名古屋ウィメンズマラソン」の中継を観戦。30km地点手前から一山選手が先頭集団から飛び出し、差をつけていく様子を見守りました。かっこいい走りでしたね。

やっぱりマラソンは30km以降にペースアップできるのが理想です。自分で走るのもそうですし、観ていても、そのほうが楽しい!

ボストンマラソンに向けて

先週の「東京マラソン」と今週の「名古屋ウィメンズマラソン」を観戦して、ランニングのモチベーションがグッと上がりました。

それにしても、ボストンマラソンは参加できるのだろうか…。できるといいな。

まとめ

不安な日々が続きますが、淡々と走り続けます。

Profile

tomo(とも)。マラソンがライフワークの36歳。マラソンブロガー・外資系会社員・二児パパ。夢は福岡国際マラソンに出場すること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎