どうも!マラソンブロガーのtomo.です。

ちょっと大げさなタイトルですが、世界を旅するマラソンブロガーの tomo.(とも)が、ランニング中に「マジやばくね…」と、命の危険を感じた瞬間を5つ紹介したいと思います。

1. 野犬がいっぱい!バンガロール

まず最初に紹介するのは、インドのバンガロールで走った時のこと。

「バンガロールの地名は聞いたことあるけど、どこにあるか分からない」という方のために、地図を貼り付けておきます。ちょうどインド南部のど真ん中あたりです。


バンガロールはこれまでに2度、出張で訪れていますが、いずれも近代的なオフィス街に滞在しました。外資系ホテルやショッピングモールが1箇所に集まった、インドっぽくない場所です。

ところが、高い塀に囲まれたオフィス街の外に出ると、頭の中のイメージに近いインドの風景が広がります。こういうの、嫌いじゃありません。

バンガロールの住宅街を走っていて一番驚いたのは、野良犬が多いこと。

走っていると突然飛び出してくるので、思わず「うわぁ!!」と大声をあげ、ワンちゃんにも驚かれる始末。どの犬もみんなオドオドしているのが印象的でした。

それにしても、初めて野良犬に遭遇した時は「噛まれたら、狂犬病になる…」と身体が凍りついたのを今でも鮮明に覚えています。

バンガロールの朝ランの様子はこちらにまとめています。

2. 水なしで「碓氷峠」越え

一旦、場所を日本に戻しましょう。

世界有数の「安全大国」と言われる日本ですが、油断は大敵です。

そう、群馬県と長野県の県境にまたがる「碓氷峠」を走って越えたとき、ぼくは大いに油断していました。


あれは確か5月下旬。初夏なのに真夏日のような暑さの中、小さな給水ボトルしか持たずに標高960mの峠を上り始めました。

とにかく傾斜がキツく、歩くのもままならないような状態で、時間だけがどんどん過ぎていきます。給水ボトルの水も、すぐに飲み干してしまいました。

「自販機や給水所で買えばいいや」という考えは甘かったですね。道中はそんな気配すらありません。

「このまま脱水症状で倒れたらどうしよう…」と心配していた最中に、救世主が現れました。アメリカから来た4人組の旅行客。話を聞くと軽井沢からハイキングに来たと言います。

そして困っていたぼくに、水道水の入ったウィルキンソンのボトルをくれました!

この時の教訓を生かして、山に入るときは予備のドリンクを持っていくようにしています。

碓氷峠を越えたときの様子はこちらにまとめています。

碓氷峠といえば、《軽井沢・碓氷峠ラン184》にも参加したことがあります。高低差400mを一旦下りて、また上るという、かなり「ドM」なレースでした。自分史上、最も苦しかったレースでもあります。

3. 台風直撃の後の函館山

山で苦労した話をすると、北海道函館市の函館山を走ったときのことを思い出します。


夏休みの家族旅行で訪れた北海道。最終日はロープウェイで函館山の山頂に登り「100万ドルの夜景」で締めくくる予定でしたが、その日はあいにくの雨、ではなく大型台風が直撃しました。

家族4人、狭いホテルの1室でテレビを観ながら、コンビニ弁当を食べたのを覚えています。

翌朝、前日のリベンジを兼ねて、朝ランで函館山を上ってみることにしました。しかも、あえて「旧登山道」と呼ばれるトレイルコースで山頂を目指します。

コースは、とにかくめちゃくちゃでしたね。倒木とか、落ち葉とかで、道がどこにあるのか分かりません。

コース途中には倒壊した建物もありましたが、これは台風で壊れたものではなく、戦前に作られた函館要塞の跡地でした。

よく、山登りは下山のほうが難しいと言いますが、まさにその通りでした。「観音コース」と呼ばれる旧登山道を走ったのですが、もともと険しい山道なのに、倒木やらなんやらで、もうよく分からない状態でした。

ようやく道がひらけてくると、今度はご老人とすれ違いました。「ここから先は、ぐっちゃぐちゃだから行かないほうがいいよ」とのアドバイス。思わず、同じ言葉を返してしまいました。

函館山を走ったときの様子はこちらにまとめています。

4. イギリスの「東尋坊」、ビーチーヘッドにて

福井県の「東尋坊」といえば自殺の名所というイメージがありますが、日本から遠く離れたイギリスにも似たような場所があります。

その1つが、イングランド南端のビーチーヘッド(Beachy Head)と呼ばれる場所です。


白亜の断崖絶壁として世界中の観光客を魅了するスポットですが、絶壁の近くに柵や囲いがないため、誤って転落して命を落とす方もいるそうです。

ランニングコースとしては最高なんですけどね。足元は緑の芝生が広がり、ドーバー海峡から吹いてくる海風が気持ち良い。

でも、道だと思って進んでいったら崖だった、ということがよくあります。

現地ではこんな看板をよく目にしました。

Please use new path away from cliff edge
崖から離れた新しい道を通ってください

イギリスは「自己責任」が当たり前の国。誤って崖から落ちたら「崖に近づいた本人が悪い」と言われるのがオチですからね。

5. サンフランシスコの激坂

最後に紹介するのは、アメリカ西海岸のサンフランシスコの「激坂」です。

激坂といえば最近、《秩父チャレンジロードレース》の高低差140mの上り坂を走りました。大会ゲストの川内優輝さんも「激坂」と言うほどのキツい坂でしたが、サンフランシスコの坂は、秩父のとは比べ物になりません。

その坂があるのはロンバード・ストリート。

ロンバード・ストリートは「世界で最もねじれた坂道」があることでも有名です。見てください、この S字カーブと坂道の絶妙なコラボ!

しかし肝心の激坂は、その反対側にあります。

ジャジャーン!!

しかもこの激坂、上にいくにつれて傾斜がキツくなるんです!自動車でも悲鳴を上げたくなるような激坂。

もうこのレベルの坂になると「上るのが辛い」というよりも「転げ落ちそうで怖い」の感情が優先されます。

まあでも、毎日この坂を走っていたら、余裕でサブ3はいけるかもですね!

ロンバード・ストリートを走ったときの様子はこちらにまとめています。

以上です。

この記事を読んで走りたくなったら

命の危険を感じたランニング5選」を最後までお読みいただき有難うございます。

この記事を読んで「ちょっと走ってみようかな」「なんか走りたくなってきたな」と思ったら、シェアいただけると嬉しいです!