徹底解説|未就学児のランニングシューズは「足育シリーズ」がおすすめ

足育シリーズは、小学生に人気の運動靴「瞬足(SYUNSOKU)」を3歳〜7歳にフィットするようカスタマイズしたモデル。僕の娘たちも就学前から履いている。

#子ども

とも

運動はもちろん、通園や日常生活でもオールマイティーに使える1足だ。

瞬足 足育シリーズ」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

子ども成長は早い

僕には2人の娘がいる。子育てに関してこだわりがあるとすれば、子供の成長期に合った、正しい靴を買い与えることは常に心がけている。

0.5cm刻みで子供の足にぴったりフィットするものを選び、小さくなったら躊躇せず買い替える。長女のお古を次女にまわすことも絶対にしない。

これが洋服なら気にしないが、靴は子供の成長には欠かせない大切な道具なので、そこへの投資は惜しまない。

「足育」という考え方

そんな僕が娘たちに買い与えたのが、アキレスの瞬足ブランドの「足育シリーズ」だ。

「瞬足」と言えば、子供向け運動靴の代名詞といっても過言ではないほど有名なブランド。運動会シーズンには、ライバルに少しでも差をつけようと、子供に買い与える親が多い。

「足育シリーズ」は、主に3歳〜7歳向けの運動靴を展開している。正しい歩行が自然と身につく「足育」にコンセプトに、アキレスと順天堂大学が共同開発しているのが特徴だ。

理想は「はだし」に近い感覚

そもそも「正しい歩行」とは何か?それは、裸足(はだし)に近い感覚で歩ける靴だとアキレスは解釈している。

アキレスでは、子供の健やかな成長のためにはヨチヨチ歩きの時期からの「足」づくりが何より重要だと考えます。成長過程の子供の足には極力負担をかけず「はだしに近い感覚で歩くこと」、そして「人間が持つ足本来の機能を取り戻し、足の正しい育成を促すこと」、これこそが足を育てる=足育(そくいく)というアキレス独自の理念なのです。

履き方も大事

正しい歩行をするには、正しい靴の履き方を学ぶことも大事。

子どもたちに「靴を脱いだら揃える」「靴を履くときは踵を踏まない」としつこく言い聞かせているが、靴の正しい履き方を教えたことは一度もないし、そもそも自分でも分からない。

足育シリーズ」は、そこも含めて丁寧に教えてくれる。

ちなみに靴の正しい履き方は、カカトをぴったりと合わせ、靴ひもやベルトでしっかり固定する。ランニングシューズの履き方と同じだった。

通園・通学におすすめ

足育シリーズ」の靴をもう少し詳しく見ていこう。走行性能は言うまでもなく、デザインも子ども受けするものが多い。

横から見ると着地もしっかりしている。娘たちは外でよく走りまわるが、「足育シリーズ」を履いていると転ぶことは滅多にない。

足なりに曲がる屈曲構造を採用することで靴全体に柔軟性を持たせているのも特徴だ。足を曲げると、足裏の形にピタリと沿って曲がる。

また、アッパー部分は硬い素材と柔らかい素材が交互に使われているため、つま先立ちをしても足に負担がかからない工夫を凝らしている。

ランニングにも使える

先日、娘たちが「足育シリーズ」を履いてマラソンデビューを果たした。

さすが「瞬足」ブランドだけあって走行性能も妥協がない。娘たちは快適に走れたようだ。

#子ども

とも

運動はもちろん、通園や日常生活でもオールマイティーに使える1足だ。

瞬足 足育シリーズ」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。