アディダスのサブ2専用シューズ「adizero Sub2」が東京マラソンでお披露目

更新:

アディダスのサブ2専用シューズ「adizero Sub2」が東京マラソンでお披露目

大手スポーツメーカーのアディダスが、フルマラソンを2時間以内で完走するサブ2向けのシューズ「adizero Sub2」を発表しました。

関連アディダス公式サイト(英語)

現物はまだ世界に1足しかなくて、今週末の「東京マラソン2017」でお披露目になるとのこと。ケニア出身のウィルソン・キプサング(Wilson Kipsang)が「adizero Sub2」を履いて東京で自己ベストを狙います。

「adizero Sub2」は世界トップクラスのマラソンんランナー向けに開発したシューズで、新開発の「Boost Light」と呼ばれる最軽量フォームが使われています。従来のシューズよりも約100gの軽量化に成功し、ランニングエコノミーを大幅に改善しています。

現時点では、ウィルソン・キプサングが所有する1足のみですが、年内には一般向けにも発売される予定です。

明日の「東京マラソン2017」でいきなりサブ2が誕生するとは思えないですが、もしかしから世界記録が生まれるかもしれないですね!

「サブ2」ブーム到来か

昨年12月には、ライバル企業のナイキが「Breaking2」と呼ばれるサブ2プロジェクトを立ち上げています。ナイキの方は、エリウド・キプチョゲ、ゼルセナイ・タデッセ、レリサ・デシサの3人のトップアスリートを起用しています。

関連記事:ナイキがフルマラソン2時間切りに向け、プロジェクトチーム「Breaking2」を発足

アディダスも目指しているゴールは同じですが、サブ2専用シューズを開発したという点でナイキに一歩リードしました。

関連記事:強烈な想像力が世界記録を生む by 『2時間で走る:フルマラソンの歴史と「サブ2」への挑戦』

関連記事:O脚ランナーは「アンダープロネーション」という用語を覚えておくと、ケガが減るよ

この記事をシェアする

この記事が気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

運営者「とも」について

マラソンがライフワーク。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。非エリート系プロランナーを目指しています。 ⇒ 詳細プロフィールへ

以下アカウントでも活動を発信中。フォロー・登録いただけると嬉しいです。

tomo.run

当ブログに関するお問い合わせはこちら

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧