《上尾シティマラソン》参加レポート

《上尾シティマラソン》参加レポート|ともらん

2018年11月18日に開催された《上尾シティマラソン》のハーフマラソンの部に参加しました。マラソン大会の特徴やレースの様子などを写真と共にお届けします。
作成| 更新

結果は、ネットタイム1時間21分57秒。

先月の《円谷幸吉メモリアルマラソン》で出したばかりのPBを、2分4秒も更新できました。

上尾シティマラソンの特徴

《上尾シティマラソン》は、毎年11月に埼玉県上尾市で開催されるマラソン大会。

最寄駅のJR上尾駅は、大宮駅より北に位置し、東京駅から高崎線で約40分ほど。

種目は、3km、5km、ハーフマラソンがあります。

ハーフマラソンの部は、日本陸上競技連盟公認大会。また、埼玉マラソングランドスラムの対象でもあります。

ハーフマラソンの部には毎年、箱根駅伝常連校の選手が多く参加するため、非常にレベルの高いレースとなっています。

ハーフマラソンを65分以内に完走する選手が続出する地方大会として、海外でも注目を集めています。

上尾シティマラソンのコース

スタート&ゴール地点は、上尾駅から徒歩20分ほどの場所にある上尾運動公園の陸上競技場。ここから上尾市内の道路を駆け抜けて折り返すコースです。

上尾シティマラソンのコース ーー公式サイトより
上尾シティマラソンのコース ーー公式サイトより

高低差がほとんどないフラットコースで、タイムが狙いやすいのが特徴です。

以下は、Reliveというサービスを使って《上尾シティマラソン》のアクティビティデータをマラソン実況風の動画にしたもの。

再生すると写真とともにコースが確認できます。

Relive ‘上尾シティマラソン’

参考までに、ストラバのデータも貼っておきます。クリックすると詳細が見れます。

上尾シティマラソンのスタート会場

レース当日のスケジュールは次のとおり。

  • 5:40 起床
  • 6:00 朝食
  • 7:30 自宅を出発
  • 8:00 上尾駅に到着
  • 8:20 上尾運動公園に到着
  • 8:40 スタートラインに整列
  • 9:00 スタート

朝食

最近の勝負メシは、納豆ご飯とモルテンのドリンクが定番。

納豆ご飯とモルテンのドリンク
納豆ご飯とモルテンのドリンク

モルテンの「ドリンクミックス320」は、朝食と一緒に半分(250ml)飲み、残り半分をレース直前に飲むようにしています。

上尾駅から上尾運動公園へ

自宅最寄駅から京浜東北線に乗り、大宮駅で高崎線に乗り換え。ホームはランナーばかり。

大宮駅から10分足らずで上尾駅に到着。ホームがランナーで溢れかえっていました。

上尾駅のホーム
上尾駅のホーム

上尾駅からスタート会場の上尾運動公園まで徒歩20分ほど。大会専用のシャトルバスはありませんが、ウォームアップがわりに歩くとちょうど良い。

上尾駅東口から旧中山道をてくてく歩いていきます。ここもコースの一部です。

上尾駅から上尾運動公園へ
上尾駅から上尾運動公園へ

参加キットは事前送付

ナンバーカードや計測チップ、Tシャツ、パンフレット類は、事前送付されてくるので、当日の受付はありません。

コインロッカーは有料

貴重品の預け入れは、有料のコインロッカーを使います。スタート30分前でも空きがありましたが、1回につき 400円と高すぎ…。

コインロッカー
コインロッカー

やむなくクレジットカード、現金、時計はウエストポーチに入れ、荷物は陸上競技場の観客席に置いていきました。

スタートラインに整列

うかうかしていたら、「スタートラインに整列してくれださい」のコールが。

さすがにウォームアップはウォーキングだけだとマズいと思い、上尾運動公園のジョギングコースを半周だけ走りました。

上尾運動公園のジョギングコース
上尾運動公園のジョギングコース

陸上競技場内に入り、スタートラインに整列します。

上尾シティマラソン スタートライン
上尾シティマラソン スタートライン

上尾シティマラソンの大会レポート

ここからレース本番の様子をレポートします。

スタート〜10km

スタート直後は上尾運動公園を出るまでモタつきました。自分より前に並んでいた選手(いわゆるエリートランナー)が多い上、道幅が狭いので注意が必要です。

旧中山道に出ると、上尾駅前を通過して、しばらく直進します。3km地点の手前で左折して、高崎線のガード下をくぐります。これが《上尾シティマラソン》で唯一のアップダウン。

3km地点 高崎線のガード下
3km地点 高崎線のガード下

引き続き市街地を走ります。

上尾市内の市街地
上尾市内の市街地

7km地点付近。

7km地点付近
7km地点付近

8k地点あたりで、先頭集団とすれ違いました。トップ先週を間近で見られるのはいいですね。

折り返し地点を通過したら間も無く10km地点!

折り返し地点
折り返し地点

折り返し地点の先に給水ポイントがありました。

給水ポイント
給水ポイント

ここまでは順調に来ています。ストラバのレース分析によれば、10km地点を38分48秒で通過しています。

まだまだ余力があります。

10km〜ゴール

折り返し地点からしばらく来た道を戻りますが、途中から分岐し、市街地を外れます。

12km地点付近
12km地点付近
13km地点付近
13km地点付近

今回のレースでは、13〜15km地点が最も苦しく感じました。

試しに一番苦しい自分を自撮りしてみました。

自撮り
自撮り

途中、緑のトンネルを通過します。まだまだ苦しい…。

緑のトンネル
緑のトンネル

トンネルを抜けると、沿道にいた男の子が「あと6km」と言ってくれました。「そうか、あと6kmか」と自分に言い聞かせて、気持ちを切り替えます。

ここからはスタート〜6kmのコースを上尾運動公園目指して戻ります。

市街地に戻る
市街地に戻る

ラスト5kmは意外と余力が残っていました。それでもちょっと油断するとペースダウンしてしまいます。なぜなら、周りのランナーも疲れてペースダウンしているから。

そういう時は、あえてダッシュして、今よりもひとつ前の集団に加わります。そうすることで、自分よりも少しペースの速いランナーに引っ張ってもらえます。

これは、今年の3月に参加した《熊谷さくらマラソン》で編みした戦法。

ペースダウンしたな、と感じたら、あえてペースアップする。自分がどんなに苦しくても、走り続けていると、少しだけ楽に感じられる瞬間があるものです。そのタイミングを狙ってダッシュ。

それを繰り返しているうちに、高崎線のガード下へ。残り3km。

再び、高崎線のガード下
再び、高崎線のガード下

往路では写真撮影に失敗した、上尾駅前の様子。

上尾駅前
上尾駅前

最後は上尾運動公園の陸上競技場に戻り、フィニッシュ。トラックで走ったラスト300mが意外とキツかったです。

上尾運動公園陸上競技場
上尾運動公園陸上競技場

上尾シティマラソンのゴール会場

ゴールした後は、計測チップを外してもらい、ドリンクを受け取ります。スポーツドリンクは、ホエイプロテインが入った大塚製薬の「ボディーメンテ」。

大塚製薬の「ボディーメンテ」
大塚製薬の「ボディーメンテ」

陸上競技場で記念に一枚撮っていただきました!

上尾運動公園陸上競技場
上尾運動公園陸上競技場

完走証

完走証は陸上競技場の外で受け取ります。

記録証
完走証

ネットタイムは、1時間21分57秒。グロスタイムは、1時間22分22秒。予想以上のタイムでした!

グルメ

完走者には「あったか汁」がふるまわれます。野菜がたっぷり入った豚汁は、疲れた身にしみます。最高!

「あったか汁」
「あったか汁」

リンゴとキュウイフルーツのサービスもありました。

リンゴとキュウイフルーツ
リンゴとキュウイフルーツ

まとめ

以上、《上尾シティマラソン》の参加レポートをお届けしました。

《上尾シティマラソン》は、箱根駅伝常連校の選手が多く参加する、非常にレベルの高い大会です。周りのランナーもレベルが高く、ゴールまでずっと引っ張っていただきました(勝手についていっただけですが)。

おかげさまで、今回は自己ベストを2分4秒も更新できました。

マラソンブログ「ともらん」をお読みいただき有難うございます!このブログを気に入っていただけたらシェアをお願いします。