京浜東北線ファン必見!赤羽~北浦和の通勤ラン

11月13日の「さいたま国際マラソン2016」まで、残すところ2週間半。焦りを感じつつも、平日は練習時間がなくて走れそうにありません。

ならば、通勤時間に走っちゃえ!ということで、今日は帰宅途中に走って帰りました。

職場から自宅までの距離は約30キロ。さすがに全部走るのはきついので、JR赤羽駅で途中下車し、自宅の最寄り駅のJR北浦和駅を目指します。走行距離は約14キロ。JR京浜東北線沿いのルートで行けば、ほぼノンストップで走れるうえ、街灯もあるので暗闇でも安心です。

赤羽駅で途中下車

19時過ぎに仕事を切り上げ、トイレでランニングウェアに着替え、荷物をリュックサックに詰め込みました。

20時ジャストにJR赤羽駅到着。今日は10月末にしては暖かいですね。ウィンドブレーカーを脱いで、半袖で走ることにしました。

赤羽駅東口を出て、1番街を通り抜けます。飲み屋街で有名なところですね。

荒川を渡って川口市へ

荒川を横断中。

荒川の上から見た川口駅周辺のライトアップ。とても幻想的で癒されました!

荒川を渡り切ると、埼玉県川口市に入ります。

JR川口駅。

JR西川口駅。

川口駅から北浦和駅までは、このようにJR京浜東北線沿いの道路をひたすら走っていきます。京浜東北線の他にも高崎線、宇都宮線が並走する、首都圏交通の大動脈のひとつです。

そのため、途中で道路を横断しなくていいので、ほぼノンストップで走れるのが利点です。また、街灯もあるので、暗闇でも安心して走れます。

JR蕨(わらび)駅。

京浜東北線の車両基地

JR蕨駅~JR南浦和駅の区間は、このように歩道が整備されています。ペースを上げて、スピードランの練習をしました。

2分おきに京浜東北線の車両が、すぐ横をビュンビュン通過していきます。何度か写真撮影を試みましたが、速すぎてうまく撮れませんでした。

こちらの写真はたまたま停車していた回送電車。この辺りには京浜東北線の車両基地があり、JR南浦和駅からは始発電車が出てきます。

JR南浦駅に停車中の京浜東北線の車両。

起伏の激しい、さいたま市浦和区へ

さいたま市浦和区に入ると、アップダウンが多くなります。足腰にほどよい負荷がかかって良い練習になります。

JR浦和駅。昨年、駅構内に「アトレ」がオープンして一層便利になりました。

さらに2キロほど走り、JR北浦和駅に無事到着。ガーミンGPS時計によると、走行時間は1時間20分、走行距離は13.5キロでした。

この記事をシェアする