ALUMANIA Strap Type Headphone Cap レビュー・評価:ストラップホールがなくても大丈夫!

ALUMANIA Strap Type Headphone Cap レビュー・評価:ストラップホールがなくても大丈夫!|ともらん


作成| 更新

年始にスマホの機種変をしました。Sony XPERIAシリーズの高性能コンパクトスマホ Z5 Compactから X Compactへ乗り換えました

新機種の使い勝手には概ね満足しているのですが、唯一、機種変更してガッカリしたことがありました。なんと Z5 Compactにはあったストラップホール(ストラップを付ける部分)が無くなっているではありませんか…。

ぼくは旅ランやレースでスマホを持って走るので、ストラップは必須アイテム。でも、もう買ってしまったしどうしよう、と悩んでいたら、他にも同じ悩みを持った人がいることがわかりました。なかでもiPhoneをケース無しで使いたい人は、ストラップ問題に悩んでいるようです。

ストラップホール付きのスマホケースを買うという選択肢もありますが、ぼくはケースを付けない派なので、自然と Alumania(アルマニア)に行き着きました。ストラップホールをイヤホンジャックに固定するという画期的な商品です。早速使ってみたので、ファーストインプレッションを紹介します!

Alumaniaは2秒で装着可能

無防備なヘッドフォンジャック穴にストラップが取り付けられる機能性を兼ね備えた便利なヘッドフォンキャップ。ストラップが取り付けられないiPhoneに便利です。挿入後にストラップ部分を回して固定します。ステンレスとアルミ部分のアルマイトカラーがアクセント効果を発揮し、水分やゴミの侵入も防ぎます。

こちらが Alumaniaのパッケージ。

ちゃんと取扱説明書が同梱されています。

Alumaniaは特殊な構造をしており、イヤホンジャックに挿し込んでからクルッと右に回すと、中でゴムが固定される仕組みになっています。これを最初に閃いた人は天才ですね!

Alumaniaだけだとランニングウェアに取り付けられないので、前から使っていた

Alumaniaだけだと、ランニングウェアに取り付けられないので、もともとZ5 Compactで使っていた「スパイラル イン スパイラル ストラップ」に繋げてみました。結構いい感じです!

Alumaniaの先端部分をイヤホンジャックに挿し込み、3回ほどクルクル回すと、ピタッと固定されました。わずか 2秒で装着が可能です。

イヤホンジャックの中ではかなりガッチリ固定されているので、ストラップを引っ張っても簡単には外れません。上からブラ下げてもビクともしませんでした。これならランニング中に手が滑っても安心ですね。

思えば、前機種の Z5 Compactでは、ストラップを装着するのに 20秒ほどかかっていました。針に糸を通すように、ストラップホールにストラップを通すのは意外と難しいんです。そういう意味では、ストラップホールがあっても、Alumaniaがあると便利ですね。

Almaniaの使用上の注意点

実際に使ってみて気づいたことが2つあります。

まず、Alumaniaの先端部分は細くて曲がりやすいので、保管する時は注意が必要です。バッグの中にポイっと入れておくと、先端部分が曲がったり折れたりする危険があります。

それから、Alumaniaをイヤホンジャックに挿し込む時は、固定ゴムを閉じた状態にすること。固定ゴムが全開した状態で無理やり挿し込むと、イヤホンジャックの内部を傷つける恐れがあります。

Almaniaの価格

Alumaniaの価格は、Amazonで税込1800円前後。かなりニッチなプロダクトなので販売価格は安定しています。正直、高いですよね。1800円あればスマホケースが買えてしまいます。

Amazonで「Alumania(アルマニア)」の最新価格とレビューをチェックしてみる

ワンポイントアドバイス

スマホの機種変をしたら「ストラップホールがない!」と驚く人は結構いるのではないでしょうか。でも安心してください。イヤホンジャックにストラップを固定するという選択肢もあるのです。

マラソンブログ「ともらん」をお読みいただき有難うございます!このブログを気に入っていただけたらシェアをお願いします。