【アムステルダムマラソン2016】ジェプトゥー、メルカム、チェベット等が出場

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

2016年10月16日(日)にオランダの首都アムステルダムで「アムステルダムマラソン 2016」が開催されます。

アムステルダムマラソンの特徴

  • エリート選手が数多く出場するIAAFゴールド・ラベルのマラソン大会
  • 約16,000人(フルのみ)のランナー参加するオランダ最大級のマラソン大会
  • ほぼフラットなコースで良いタイムが出やすい
  • 国立美術館やアムステル川などアムステルダムの観光名所をめぐるコース

2016年大会の注目の選手

プレス記事によると、今年は女子マラソンの選手が注目を集めています。

まず、ケニア出身のプリスカ・ジェプトゥー(Priscah Jeptoo)選手。自己ベストは2時間20分14秒。パリマラソン(2011年)、ロンドンマラソン(2013年)、ニューヨークマラソン(2013年)での優勝実績を持ち、2012年のロンドンオリンピックでは女子フルマラソン2位。

エチオピア出身のメセレク・メルカム(Meselech Melkamu)選手からも目が離せません。もともと10,000メートル(自己ベスト29分53秒)やクロスカントリーが得意の選手で、数年前からマラソンに転向しています。直近ではハンブルグマラソン(2016年)での優勝実績があります。自己ベストは2時間21分1秒。

一方、男子マラソンでは、ケニア出身のウィルソン・チェベット (Wilson Chebet)が注目されています。もともとハーフマラソン(自己ベスト59分15秒)やフルマラソンのペースメーカーとしてデビューし、数年前からマラソンに転向。アムステルダムマラソンでは、2011年大会から3年連続優勝し「ミスター・アムステルダム」の異名を持ちします。フルマラソンの自己ベストは2時間5分27秒。

同じくケニア出身のサミー・キトワラ(Sammy Kitwara)は、自己ベストはシカゴマラソン(2014年)でマークした2時間4分28秒。

B!

同じカテゴリの記事

トレランシューズを買いに行く時間がないので、Amazonで注文&自宅で試し履きしてみた

埼玉が世界に誇る「ぎょうざの満州」。おすすめは水餃子

未分類」の記事一覧へ ▶︎