TRAVEL

ANA国際線の機内Wi-Fiに接続する方法と注意点

updated created by tomo.
B!

ランナーのみなさん、こんにちは。読めば走りたくなるブログ tomo.run(ともらん)にお越しいただき有難うございます。

出張でアメリカのシアトルに来ています。日本の猛暑から逃れられると期待していましたが、シアトルも日中は30度を超す真夏日が続いています。

今回は成田〜シアトルのフライト中にANA国際線のWi-Fiサービスを初めて利用しました。3つの料金プランから選べ、利用時間内であればデータの容量上限無し(ただし機材による)。接続も常時安定していて満足いくサービスでした。

以下、接続方法や注意点をわかりやすくまとめておきます。

機内Wi-fiの接続に必要なもの

  • クレジットカード
  • 端末(スマホ・タブレット・パソコン)

料金プラン

機材(飛行機の種類)によって料金プランが異なります。

B777-300ER/B767-300ER の料金(2017年8月時点)

  • 30分プラン - $4.95 *15MB上限
  • 1時間プラン - $8.95 *30MB上限
  • フルフライトプラン - $19.95 *100MB上限

B787/A320neo の料金(2017年8月時点)

  • 30分プラン – $ 6.95
  • 3時間プラン – $ 16.95
  • フルフライトプラン(最大24時間*) – $ 21.95

成田〜シアトルはボーイング社の最新鋭機「B787」なので容量制限無しのプランが使えます。ちなみに6月にロンドン〜羽田で乗った時は「B777」で容量制限有りだったため、使う気にはなれませんでした。

接続方法

ここではスマホで機内Wi-fiに接続する方法を紹介しています。

離陸前に「機内モード」をONにするとWi-Fi含む通信機能が遮断されます。機内モードを有効にしつつ、Wi-FiだけをONにしましょう。機内Wi-Fiは離陸の約10分後から着陸の約10分前まで利用できるので、離陸直後はしばらくWi-Fiが捕捉できません。

機内Wi-Fiが捕捉できたら、接続画面へと案内されます。まずは自分に合った料金プランを選びましょう。1時間あたりの料金は「フルフライトプラン」が最もお得ですが、9時間のフライトでネット接続が必要なのは数時間だけなので、今回は「3時間プラン」を選びます。

すでにアカウントがあればサインインできますが、なければアカウントを作成しましょう。

アカウント作成には、氏名、メールアドレス、ユーザー名、パスワードが必要になります。サインインの後は、支払い情報(クレジットカード情報)を入力し、最後に契約内容を確認します。

無事に接続できました!ここまで所要時間は約5分。ちなみに接続スピードは実測値で6.5mbps。ブログはサクサク表示できますが、動画ストリーミングとかになると厳しいでしょうね。

注意点

自分のフライトの機材が機内Wi-Fiに対応しているか事前にチェックしましょう。機材によって機内Wi-Fiがなかったり、あってもデータの容量上限があったりします。

  • Wi-Fi有、容量上限:B777-300ER/B767-300ER
  • Wi-Fi有、容量上限:B787/A320neo

参照:ANA Wi-Fiサービスのご案内 [国際線]

支払い方法は現在クレジットカードのみ対応なので、機内Wi-Fiを利用する場合は、クレジットカードをすぐに出せるようにしておきましょう。

以上、ANA国際線の機内Wi-Fiの使い方についてまとめました。

この記事を読んで走りたくなったら

ラン友またはランニングに興味がありそうな方にシェアしていただけると嬉しいです!

B!

Twitterまたは Feedlyのアカウントをフォローいただくと、更新情報がタイムリーに受け取れます。

Twitter をフォローする ▶︎
Feedly をフォローする ▶︎

Stravaで練習日誌を公開中。ぼくの Stravaアカウントをフォローしていただけばフォロー返しします。

Strava をフォローする ▶︎

この記事のカテゴリ

TRAVEL

旅ランのカテゴリへようこそ!旅するとと、走ることが大好きな tomo.です。旅行や仕事で訪れた街を走ったり、自ら準備・企画して秘境の地を走ったりと、旅ランをライフワークにしています。そんなランナーだからこそ見える旅の風景をお届けすると同時に、旅先で見つけた面白いものも紹介していきます。

TRAVEL の記事一覧へ  ▶︎

この記事のトピック

同じトピックの関連記事もご覧ください。