自費レビュー|Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod

最大出力65W、電子機器を3台同時に充電できるAnker(アンカー)の「PowerPort III 3-Port 65W Pod」を紹介する。これ1台でノートパソコン、スマホ、ランニングウォッチが同時に充電可能。

購入ガイド

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

3台同時に充電可能

PowerPort III 3-Port 65W Pod」の特徴は以下のとおり。

  • 窒化ガリウム(GaN)搭載のUSB充電器
  • 3台同時充電、高速充電に対応
  • 合計最大出力は65W
  • 38x29x66mmのコンパクト設計
  • 重さ約130g
  • 定価は6,990円

魅力:3台同時充電

最大の魅力は、これ1つで3台の端末が同時に充電できること。僕はUSB-Cポート(2個)をMacbook AirとiPhone用、USB-Aポート(1個)をランニングウォッチ用に使っている。この3つは自宅でも旅先でもマラソンブロガーの必須アイテムだ。

充電ケーブルは差したままでOK。自宅で使う時も旅行やマラソン遠征に持っていく時も差し替える必要がなく、充電ケーブルを忘れることもなくなった。

欠点:値段

充電ケーブルで7,000円は高い。端末に付属する充電器が使えるのに、わざわざこれを買う理由は充電器をまとめられるから。そこに7,000円の価値を見出せるかが購入の決め手となる。

デザインとスペック

それでは「PowerPort III 3-Port 65W Pod」を詳しく見ていこう。

同梱物

パッケージには充電器本体と取扱説明書が入っている。ケーブルは付属していない。

USBポート3つ

こちらがUSBポート。上2つがUSB-Cポート、下がUSB-A。最近はUSB-Cが主流だが、USB-Aもまだまだ需要はある。ガーミンやカロスなどのランニングウォッチは充電にUSB-Aを使うので、1個でもあると重宝する。

3ポート同時利用

3ポートを同時に使う場合、出力は40W、12W、12Wに分かれる。USB-Cポート1つだけだと、最大で65Wの出力が可能。

折り畳み式のプラグ

コンセントに差し込むプラグは折り畳み可能。コンパクトに持ち運べる。

コンパクトサイズ

3台同時充電、最大出力65Wという最高レベルの充電スペックを重さ130g、38x29x66mmのサイズにまとめている。写真右はこれまで使っていた2台同時充電可能な急速充電器(65W)だが、それに比べてもずいぶんコンパクトになった。

使ってみた感想

ここからは実際に「PowerPort III 3-Port 65W Pod」を使ってみた感想を紹介する。

ケーブルの抜き差し不要

僕はマラソンブロガーとして活動する上で、ノートパソコン(Macbook Air)、スマートフォン(iPhone)、ランニングウォッチを常に必要とする。どれも電力を消費する端末だが、これらをすべて同時に充電できるのは本当に助かる。

ランニングウォッチはガーミンとカロスを愛用しているが、いずれもUSB-Aポートを使うので、どちらか1つを差し込んでいる。Apple Watchも使うが、こちらはApple純正の「MagSafeデュアル充電パッド」を利用することでiPhoneの充電と一本化できる。

場所を取らない設計

コンパクトに持ち運べるのは言うまでもないが、縦に長いフォルムのため、コンセントに差し込む際に場所を取らないのが良い。特に家族旅行ではコンセントの奪い合いになることが多いが、これなら1つのコンセントを有効に使うことができる。

充電時間が短い

USB-Cポート、USB-Aポートともに急速充電に対応しているため、充電時間が短くて済む。移動中の限られた時間でサッと充電したり、家族旅行で全員の端末をこれ1台で充電したり、速さは正義であることを実感する。

まとめ

以上、電子機器を3台同時に充電できる「PowerPort III 3-Port 65W Pod」を紹介した。これ1台でノートパソコン、スマートフォン、ランニングウォッチが同時に充電できるようになり、ケーブルの抜き差しが不要になった。また、旅先にケーブルを忘れることもなくなった。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

片方はMagSafe/Qi規格のワイヤレス充電器、もう片方はApple Watch専用充電器のApple純正アクセサリ。1本のケーブルにつないで2台同時に充電できる。さらに8cm四方のコンパクトサイズに折りたためるので持ち運びにも便利だ。ただし値段が高いのが唯一の欠点。

Apple MagSafeデュアル充電パッド」の最新価格を今すぐチェック!

2019年9月に「fenix 6X(フェニックス 6X)」が発売された。高級感溢れるデザインにガーミンの最新機能が詰め込まれたガーミンのランニングウォッチの最高峰モデル。ランニングウォッチにオーバースペック気味で価格は10万円を超える。すべての機能を使いこなせる自信はないが、高級時計を所有するのと同じ感覚で物欲が刺激される逸品だ。それでもオメガやローレックスを買うよりもリーズナブルと自分に言い聞かせて「fenix 6X」購入した。

Garmin fenix 6X」の最新価格を今すぐチェック!

2020年11月に発売されたCOROS PACE 2(カロス ペース 2)は、ランニングウォッチの新興ブランド「COROS」のエントリーモデル。重さわずか29gでランニングウォッチとしては世界最軽量。腕に装着するだけで距離・高度・ピッチ・ストライド・心拍数などが計測できる。実際に使ってみて気づいた点を紹介する。

COROS PACE 2」の最新価格を今すぐチェック!

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。