有森裕子流「やる気スイッチ」の入れ方 -『やめたくなったら、こう考える』

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

有森裕子さんの著書『やめたくなったら、こう考える』は、五輪メダリストのマラソンランナーらしくない、意外過ぎるひと言で始まります。

わたしは好きだから走っていたわけではありません

有森さんといえば、初めて出場したフルマラソンで日本最高記録を達成し、五輪(1992年)とアトランタ五輪(1996年)では、女子フルマラソンでそれぞれ銀メダルと銅メダルを獲得しています。そんなすごい人が「好きで走っているわけではない」と言い切るとは、一体どういうことなんでしょう? 

自分がもっとも輝けるのが長距離だから

幼いころから人に誇れる特技がなかったという有森さん。中学1年生の時に「頑張れることが特技」だと恩師に勇気づけられ、運動会でだれもやりたがらない800メートル走に出場して見事優勝します。

800メートル走に出た理由が、長距離が好きだからではなく、競技人口が少なくて勝てそうだから、だそうです。

日体大時代は、常に自分がもっとも輝けるのはどこか?という視点で練習に取り組みます。面白かったのは、怪我でしばらく走れなかったときに、トライアスロンへの転向を本気で考えたときのエピソード。

トライアスロンに挑戦しようと思った最大の条件は、女子選手がだれもいなかったこと。中学生のときに、だれもやりたがらなかった800メートル走に立候補した、そのときとまったく同じ発想です。自分が目立てる世界に行きたい願望がやはりあるんですね。

マラソンの世代交代をチャンスに

大学卒業後は、実業団(リクルート)の小出義雄監督の門下に入り、1万メートルで国体を目指します。ところが思うようにタイムが伸びず、国体にも出場できず、「これからどうしよう…」と悩んでいた時に転機が訪れます。

当時、マラソンのトップランナーだった小島和恵さんが1989年に現役を引退、錚々たるランナーたちが次々と引退していった。そのため、マラソンのレベルが一時的に低くなっていたのです。

そこで先輩についてマラソンの練習に参加してみると、なんとか最後まで着いていくことができ、マラソンへの転向を決意します。

「途中でカタンとならないなら、マラソンでいけるかもしれない」。(小出)監督がそう言ってくれたことで、マラソンランナーとしての挑戦がスタートします。「もしかしたらチャンスかもしれない」。ひと筋の光が見えた感じがしたものです。

ここでもやはり、自分がもっとも輝ける場所がどこか?と問い続け、たどり着いたのがマラソンだったのですね。その後、大阪国際女子マラソン(1990年)を走り、初出場で日本最高記録をたたき出し、一躍トップランナー入りを果たします。

職業としてのランナー

有森さんの『やめたくなったら、こう考える』 を読むと、有森さんみたいなランナーを「プロ」ランナーと言うんだろうなと思いました。

走ること以外に特技がなかったという有森さんにとって、走ることは、お金のため、食べるための「仕事」だったと言います。好きだから走るのではなく、生きていくために走る。つまり職業としてランナー稼業をやっていたわけですね。

普通に考えても「好きだから」という理由で仕事をしている人は多くいないので、有森さんの考え方は極めて常識的ですね。マラソンランナーだから走るの好きなんでしょ?イコール、今の仕事が好きだから働いているんでしょ?と聞くようなものです。

有森流にいうと、食べていくための仕事は「ライスワーク」、本当に好きな仕事は「ライフワーク」。

ライスワークを始める入口は、好きか嫌いかとは別です。「どうしても、いまやらなければいけない」「お金がないから、自分の意志とは関係なくとにかく働かなければいけない」。そんな理由で始めて、いつしかこれで食べていけるとい確信がもてる仕事になるんですね。

ライスワークが成り立ってはじめて、それが長く続けていけるライフワークになる、と有森さんはいいます。

まとめ

好きなことを仕事にできれば理想的だと思いますが、好きなことは自分の能力を最大限に引き出せるものでしょうか?あるいは、好きだと思っていることが本当に好きなんでしょうか?有森さんの『やめたくなったら、こう考える』を読むと、好きな仕事ってなんだろうと考えさせられます。

ランナーだけでなく、学生や就活生など、これから仕事を見つけていく人たちにもおすすめしたい1冊です。

アマゾンで『やめたくなったら、こう考える』のレビューと最新価格をチェックする

【もくじ】

  • 第1章 好き嫌いはやめる理由にならない
  • 第2章 「これしかない」と思える強さ
  • 第3章 勝つことへのこだわりをもつ
  • 第4章 「頑張るしかない」と思える力
B!

同じカテゴリの記事

【書評】ランニングの基礎トレ、やってますか?-『走れるカラダになる 体幹「3S」メソッド』

【書評】原晋監督の新著『1日10分走る青トレ』はランニングが続かない人におすすめ

ランニング本」の記事一覧へ ▶︎