【書評】転んだら起きればいい!アシックスの社名の由来。鬼塚喜八郎の想いとは?

2019.02.27 > 

ASICS(アシックス)の誕生秘話を知ることができる貴重な資料。スポーツを通して青少年を立派に育てたいという、創業者・鬼塚 喜八郎の想いがASICSを世界的スポーツ用品メーカーに育てていきます。

この記事では、ASICS(アシックス)創業者の鬼塚 喜八郎の著書『転んだら起きればいい!―若き起業家たちへ わが体験的企業経営論』の読みどころを紹介します。

読みどころ

ASICSの社名の由来は「足(アシ)」だと思っている方は少なくないようです。スポーツシューズを作っている会社なので、そうだとしても違和感ないですよね。でも実際は、以下のラテン語が社名の由来です。

Anima Sana In corpore Sano。

頭文字を取って、ASICS。日本語訳は、「もし神に祈るならば、健全な身体に健全な精神あれかし、と祈るべきだ」。

オニツカ株式会社とスポーツウエアを手がける株式会社ジィティオ、ニットウェアを手がけるジェレンク株式会社の3社が対等合併し、世界制覇を目指して総合スポーツ用品メーカーを発足した。「もし神に祈るならば、健全な身体に健全な精神あれかし、と祈るべきだ」というラテン語”Anima Sana In corpore Sano”の頭文字をとって社名を「ASICS」とした。ーー公式サイト

社名の由来を初めて知った時は、なるほど!と思いましたが、後からよくよく考えてみると、鬼塚氏がなぜこのラテン語を選んだのかが気になりました。

そして、その答えが『転んだら起きればいい!―若き起業家たちへ わが体験的企業経営論』に書いてありました。

アシックスの前身となるオニツカタイガーを創業する前に、鬼塚氏は神戸で忘れらない風景を目にしています。

(…)私の心に強く印象づけられたのが、当時、爆撃で家を焼かれ、親と死に別れた青少年の姿だった。彼らは身寄りもなく、次々と三宮の闇市に集まってきていた。進駐軍相手に買収行為を繰り返す少女たち、俗に言うパンパン。麻薬、覚醒剤に溺れる者。洋モクを売る者。靴磨きをしてその日の食い扶持にありつく者。人生の最も輝ける青春の日々を、教育を受けずに、人間としての誇りをどこかに捨て、享楽に吹ける若者たち。

鬼塚氏は、こうした非行化していく青少年の姿を目にして、いつしか彼らを立派に育ててゆく仕事がしたいと誓うようになります。

ところが、具体的に何をやれば良いのかわからない。そこで、鬼塚氏は堀公平という戦友に相談を持ちかけます。そして、堀氏の次の言葉が鬼塚氏の心を動かしました。

「君は『健全なる身体に健全なる精神が宿る』という格言を知っているだろう。実は、あの言葉が教育の原点なのだ。この言葉はローマ時代の詩人ユベナリスの詩の一節を引用したものだが、人間教育は知識だけではない。徳育、体育、そして知育の三つが総合化することによって完成するものなのだ。特に成長期にあっては、スポーツが心身の発達に及ぼす影響には非常に大きなものがある」

スポーツを通して青少年を立派に育てたいという鬼塚の志が、オニツカタイガー、そして後のアシックスの誕生に繋がっていきます。

本書で最も印象に残っているのは、鬼塚の「弱者の経営戦略」ともいうべきアプローチで新製品を開発していく過程。

鬼塚がまず最初に作った製品は、バスケットシューズ。なぜなら、バスケットシューズはスポーツシューズの中で最も難易度が高いとされているから。バスケットシューズが作れれば、他のどんなシューズも作れるようになる、という発想です。

シューズに関してまったくの素人の鬼塚は、知人のツテで神戸高校のバスケットボール部を紹介され、選手たちの動きを細かく観察しながら製品開発を進めていきます。

バスケットシューズの次に手がけたのは、マラソンシューズ。当時はフルマラソンを完走したら足がマメだらけになるのは当たり前でした。今では考えられないですよね。

まとめ

以上、ASICS(アシックス)創業者の鬼塚 喜八郎の著書『転んだら起きればいい!―若き起業家たちへ わが体験的企業経営論』の読みどころを紹介しました。

ASICS(アシックス)の誕生秘話を知ることができる貴重な資料。スポーツを通して青少年を立派に育てたいという、創業者・鬼塚 喜八郎の想いがASICSを世界的スポーツ用品メーカーに育てていきます。

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

この記事を書いた人

tomo
埼玉県在住の37歳。マラソンブロガー・会社員・二児の父親

こちらもおすすめ

同じカテゴリの最新記事

ブログの他にも、YouTube、Strava、Twitterでランニングに関する情報を発信しています。

- YouTube -

主にランニングシューズのレビュー動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると嬉しいです。

チャンネルをチェック ▶︎

- Strava -

Garminウォッチで記録したアクティビティはStrava(ストラバ)で一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック ▶︎

- Twitter -

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

ともらん人気記事

ともらん新着記事