株式会社アシックス 2018年12月期連結決算【減収減益】

最終更新日:

株式会社アシックスの決算情報を四半期ごとにレポート。決算資料をもとに、アシックスの現状と今後の展望を読み解きます。

この記事のもくじ

株式会社アシックス 2018年12月期連結決算【減収減益】

2018年12月期連結

2019年2月13日、株式会社アシックス(7936)が2018年12月期連結決算を発表。売上高は減収、営業利益は減益、純損益は203億2700万円となりました。

決算資料をもとに、アシックスの現状と今後の展望についてまとめます。

以下は、決算説明資料より。

2018年12月期連結決算は減収減益。日本、米州、欧州での売り上げの減少により、前期比で3.4%の減収。減収に加え、直営店関連費用などの販管費の増加により、前年比で46.3%の減益。

第4四半期に国内外の保有資産を整理・再評価した結果、230億円の特別損失を計上。当期純損失は203億円となりました。

今回の決算内容で押さえておくべきポイントは、4つあると思います。

  1. 米州の減収減益
  2. ランニングシューズが低調
  3. のれん減損が響く
  4. 2019年12月期からカテゴリ再編

それぞれ順番に見ていきます。

❶ 米州の減収減益

減収減益の主な原因は、米州における売上の減少です。米州では前期比で13.5%も減収しています。一方で、中国は前期比で17.3%の増収となり好調でしたが、シェアが少ないため、日米欧の減収を補うほどではありません。

❷ ランニングシューズが低調

カテゴリ別に見ると、「ランニングシューズ」カテゴリの売上高は前期比で153億円減少(為替影響除く)し、減収の主な要因となっています。特に米州では減収が著しく、前期比で167億円もダウン。

一方で「ライフスタイル」カテゴリでは、好調な「オニツカタイガーシューズ」が、前期比77億円の増収に大きく寄与しています。

❸ のれん減損が響く

特別損失の大半を占めるのが、フィットネスキーパー社とホグロフス社の、のれん減損です。

アシックスは2016年に人気フィットネスアプリのランキーパー(Runkeeper)を運営するフィットネスキーパー社を買収していますが、自社eコーマースへの波及効果が期待値を大きく下回っています。

❸ 2019年12月期からカテゴリ再編

2019年12月期から、商品カテゴリが以下のとおり変更となります。

新たに「パフォーマンスランニング」カテゴリを設け、カテゴリNo.1奪取を目指すとのこと。近年、このカテゴリではナイキが圧倒的な支持を得ていますからね。本腰を入れないと勝てないと判断したのだと推測します。

また、絶好調の「オニツカタイガー」を単独カテゴリとして設け、商品展開の拡大を目指すとのこと。

最も弱いカテゴリ(ランニングシューズ)と最も強いカテゴリ(オニツカタイガー)にリソースを集中させる姿勢が伺えます。

2018年12月期3Q

2018年10月に入ってから、日経平均株価が下がり続けていますね。

そんな中、2018年11月2日に株式会社アシックス(7936)の第3四半期の決算が発表されました。現状と今後の展望について、まとめてみたいと思います。

主なハイライトは以下のとおりです。

  1. 減収減益
  2. 下方修正
  3. ランニングカテゴリは 7.5%減
  4. オニツカタイガー、中国市場は好調
  5. 構造改革の中身に不安
  6. ナイキ躍進の影響か?

❶ 減収減益

2018年12月期第3四半期 決算説明資料より

2018年12月期第3四半期 決算説明資料より
第3四半期累計の売上高は前年比 4.7%減の 2956億円。内訳は、日本国内は2.5%減、海外は5.5%減でした。

アシックスは海外比率が7割を超えるグローバル企業ですが、今回の決算では海外市場での販売不信が大きく響いています。

販管費は5.4%増。営業利益は37.1%減で153億円となりました。

❷ 下方修正

第3四半期後半からの販売不振の影響により、通期予想を下方修正しています。通期累計の売上高は9.4%減の3850億円、営業利益は40.0%減の120億円。2018年12月期第3四半期 決算説明資料より

2018年12月期第3四半期 決算説明資料より
営業利益は、第3四半期後半までは開示予想通り推移して板が、以降の売上が低調であり、第4四半期期間に処分販売を見込んでいるため、下方修正。(決算説明資料より)

❸ ランニングカテゴリは 7.5%減

アシックスの主力カテゴリであるランニングシューズは、売上全体の5割以上を占めています。

ランニングカテゴリの第3四半期累計の売上高は、前年比 7.5%減の 1650億円。

そのほかのカテゴリ(トレーニング、コアパフォーマンス)でも、前年比で減額となっています。

❹ オニツカタイガー、中国市場は好調

唯一、増額となっているのが「オニツカタイガー」を含むライフスタイルのカテゴリ。

「オニツカタイガーシューズ」の第3四半期累計の売上高は、前年比 30.8%減の 321億円。

その他、中国市場では、第3四半期累計の売上高が6.2%増の416億円で着地。現地通貨(RMB)ベースだと12.4%増となっています。

中国市場では、ランニングカテゴリも4.1%増でした。

❺ 構造改革の中身に不安

決算説明資料には「対策を検討中」とありましたが、そんな悠長なこと言っていて良いのか?と不安になります。2018年12月期第3四半期 決算説明資料より

2018年12月期第3四半期 決算説明資料より
そもそも売上高を上げるための施策がないですよね…。

アシックスの中期経営計画「ASICS Growth Plan 2020」は2018年3月に下方修正がなされたばかりですが、グロースではなく、シュリンクしてしまったので、目標達成も危うくなってきました。ASICS Growth Plan 2020より

ASICS Growth Plan 2020より
❻ ナイキ躍進の影響か?
売上高の半数以上を占めるランニングカテゴリがなぜ7.5%も落ちているのか?

はっきりとした原因はわかりませんが、ランニングシューズの新たなラインアップ投入が弱い印象を受けます。

第3四半期は、8月に「ダイナフライト3」、9月に「ハイパーゲルライト」や「ターサージール」のカラバリを投入していますが、いまいち話題性に欠けます。ダイナフライト3

ダイナフライト3
同じ時期にナイキは、「ズーム ペガサス ターボ」や「ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニット」など画期的なシューズを投入。直前に人気モデルの「エア ズーム ペガサス35」も発売されていますしね。ズーム ペガサス ターボ
ズーム ペガサス ターボ
最近レースに出ると、参加者のナイキ率がどんどん高くなっている印象を受けます。

また「オン」や「ホカオネオネ」など、比較的新しいランニングシューズのブランドも急激に浸透しています。

Profile
プロフィール

埼玉県さいたま市在住のマラソンブロガー&IT会社員&二児パパ。地元浦和から世界の果てまで、そこに道があれば走っています。マラソン遠征や大会レポ、話題のランニングシューズや最新ガジェットのレビューをブログで発信中。