サブ3〜3.5向けレースシューズ「ターサージール5」の特徴と履き心地レビュー

未分類

来月出場予定のフルマラソンに向け、レース用のランニングシューズを新調しました。今回ぼくがレースの相棒に選んだのは、アシックスの2017年春夏モデルのターサージール5(TARTHERZEAL5)。サブ3からサブ3.5を目指すランナーに人気の「ターサージール」シリーズの最新モデルです。

普段の練習ではアシックスの「ダイナフライト」を愛用しているのですが、「ターサージール5」にはダイナフライトと同じミッドソール素材の「FlyteFoam」が使われています。あのダイナフライトの快適性をレーシュシューズでも体験できる!ということで迷わず購入しました。

3モデルから選べる

ターサージール5には、レギュラー(TJR288)、スリム(TJR290)、ワイド(TJR289)の3モデルが用意されています。シューズの幅だけでなく、ヒールの高さやソールの厚さも違うのですね。

ぼくは足の甲が広いのでワイドを選びました。

4種類のカラバリ

カラバリは4種類から選べます。ぼくが買った時はレッド、オレンジ、ブルーしかありませんでしたが、最近ブラックが追加されたようです。このブラックが意外にカッコイイので、ブルーを選んだことを少々後悔しています。。

レディスのモデルは、イエローとピンクの2種類から選べます。

ターサージール5の特徴

公式サイトの説明を読むと、大きく3つの特徴があることがわかります。

まず、アシックス史上最軽量のミッドソール素材「FlyteFoam(フライトフォーム)」を採用したことで、軽量性とクッション性が向上しています。これまでは軽量性を求めればクッション性が損なわれ、クッション性を求めれば軽量性が損なわれるのが常識でしたが、FlyteFoamの登場により一変しました。今や軽量性とクッション性は共存できるのです。これは練習用に履いている「ダイナフライト」でも実感します。

次に、かかと部や補強パーツの面積を大きくすることで足首周りのフィット性とホールド性が向上しています。足首周りが不安定だと蹴り出し時にエネルギーロスが生じるので、足首がブレないよう固定することが重要です。たとえ一歩一歩のエネルギーロスが小さくても、フルマラソンだと5〜7万歩ですからね。

最後に、中足部〜前足部にプロパルションプレートを内蔵し、前足部に路面をしっかりとらえるDUOSOLE®(デュオソール)を配置することで、反発力とグリップ力が恋有上しています。

ターサージール5の写真

前から見た写真。今回は「ワイド」を選びました。

「虎走」の文字がカッコイイ。。

側面(外側)。

側面(内側)。

上から見た写真。

裏側。黄色の部分が反発力を高めるプロパルションプレート、前足部がグリップ力を高めるデュオソールです。

ターサージール5の履き心地

早速、今週の通勤ランで「ターサージール5」を履いてみました。レース用なので基本的には練習で使わうつもりはありませんが、6月4日の「黒部名水マラソン」に向けての靴慣らしです。

キロ5分のペースで13.5キロ走ってきました。第一位印象は、足首をガッチリ包み込むホールド感が素晴らしい!以前履いていたレースシューズはホールドが弱くて着地の度にミリ単位のズレが生じしていました。僅かなズレでも何万回も着地を繰り返していると、かなりのエネルギーロスになります。

それから驚いたのがクッション性。以前のレースシューズでは足裏で着地をダイレクトに感じていましたが、「ターサージール5」は、レースシューズにしては厚めのクッションが着地の衝撃を吸収してくれます。

これまでレースシューズは軽量化を実現化するために薄底が常識でしたが、テクノロジーの向上により、厚底でも軽量が当たり前になりつつあります。サブ2を目指すトップアスリートの世界ですら、最新鋭のシューズは軽量&厚底ですからね。

関連記事:ナイキが応戦?サブ2専用シューズ「NIKE ZOOM VAPORFLY ELITE」を発表

オトクなセール情報

アマゾンで「服・シューズ・バッグの15%OFFキャンペーン」が行われています。Amazon.co.jpが販売する商品が対象で、2017/5/29まで開催中です。

調べてみたら「ターサージール5」もセールの対象でしたので、購入を迷っている方はこの機会にぜひ!万が一、サイズが合わなくても、試着後も30日間返品・返送料無料なので安心です。

この記事をシェアする

よく読まれている記事

  1. ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ
  2. 【2017年版】海外の人気マラソン大会まとめ:憧れのレースに出場するための第一歩
  3. シューズで二股かけるなら、アシックス「DynaFlyte(ダイナフライト)」がおすすめ
  4. 世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう
  5. レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について