自費レビュー|アシックスのウォーキングシューズは「ペダラ」がおすすめ

アシックスビジネスシューズ

アシックスウォーキングのペダラ(PEDALA)は、ウォーキングからビジネスカジュアルまで、幅広い用途で活躍する1足。雨に強い「ゴアテックス」仕様で、ヒールにはクッション素材「GEL」を採用しています。

購入ガイド

アシックス ペダラ GORE-TEX」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

目次と内容

アシックスのウォーキングシューズ

アシックス ウォーキング」は、アシックスが展開するウォーキングシューズのシリーズ。主な特徴は以下のとおり。

  • 本革製の高級ウォーキングシューズ
  • 衝撃緩衝材「GEL(ゲル)」を搭載
  • 防水仕様のゴアテックス版もあり
  • ビジネスカジュアルにも対応可能

アシックス(ASICS)といえば日本を代表するスポーツブランドだが、同社は長年のランニングシューズ開発で培った技術を応用して、ウォーキングシューズも手がけている。

ウォーキングシューズだけを集めた直営店「アシックスウォーキング」は国内に50店舗以上ある。

フラグシップモデル「ペダラ」

中でもアシックスが最も力を入れているのが「ペダラ(PEDALA)」というフラグシップモデル。

GEL(ゲル)クッションを搭載

ペダラ」のヒールには、アシックスのランニングシューズにも使われている衝撃緩衝材「GEL(ゲル)」を搭載している。実際に履いてみると超絶快適で疲れにくい。

ヒールの部分がポコっと盛り上がっていて、着地のたびに「GEL」のクッションがギュッと押しつぶされる仕組み。下の写真のヒールの丸い部分が「GEL」。

雨にも強い防水仕様

革靴は水に濡れると痛みやすく、雨の日に履くと革がダメにならないか不安になる。しかも水溜りに入ってしまうと靴下まで濡れてしまう。

そんな雨の日の悩みを解消してくれるのが「ペダラ」の防水仕様のゴアテックス版。本革製なのに水を弾いてくれるので、革は痛まないし、水溜りに入っても靴の中はサラサラだ。

ビジネスシーンでも活躍

ウォーキングシューズと聞くと、履き心地重視で野暮ったいデザインという先入観があった。しかし「ペダラ」はその先入観を覆してくれた。

洗練されたフォルムと高級感のある質感により、履き心地とデザイン性を両立させている。履いているだけで足元が華やかになり、これならビジネスカジュアルのドレスコードでも違和感がない。

もちろん、履き心地も妥協していない。通勤や外回りで長時間立ち続けたり、歩き続けたりしても疲れにくい。GEL素材のクッション性が衝撃を和らげてくれるからだ。

僕は職場まで片道1時間かけて通勤しているが「ペダラ」を履いていくと疲労の軽減を実感する。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

アシックス ペダラ GORE-TEX」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

関連記事

見た目は高級感のある本革製ビジネスシューズ。中身は履き心地は抜群のウォーキングシューズ。歩行・直立時のクッション性と安定性が素晴らしく、これを履くと通勤がラクになる。

ミズノ ウォーキングシューズ LD40」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

#アシックス#ビジネスシューズ

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。