読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

アシックス ペダラ【徹底レビュー】

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

5年間使用した革靴が寿命を迎えたので、前から気になっていたアシックスの革靴をアマゾンで購入しました。

ネット通販だとサイズや色が合うかどうか心配なので、無料で試着できる「プライム・ワードローブ」を利用しました。実際に試着してから購入を決められるのは良いですね。

プライム・ワードローブで試着体験

ここでは、アシックスウォーキングの人気シリーズ「ペダラ」の特徴や使用感をご紹介します。

アシックスウォーキングとは?

「アシックスウォーキング」という名前を初めて聞いた時、違和感を覚えました。

アシックスといえば、ランニング。なのに、なぜウォーキング?

実は、アシックスはランニングシューズだけでなく、ウォーキングシューズやビジネスシューズにも力を入れています。

アシックスウォーキングのブランドの中には、ウォーキングに特化したペダラ(Pedala)や、歩きやすいビジネスシューズとして定評のあるランウォーク(Runwalk)があります。

今回購入した「ペダラ」は、デザイン性、快適性、防水性を兼ね備えたオールマイティーな1足。天然革を使っているので、ウォーキングだけでなく、ビジネスカジュアルのコーディネートにも十分使えます。

ビジネスカジュアルに使えるシューズ

アシックスウォーキングのデザインは「野暮ったい」という勝手な先入観がありましたが、「ペダラ」を手にとり、それが覆されました。

アシックスウォーキング「ペダラ」

ウォーキングシューズはどうしても歩きやすさの機能重視で、デザインは後回しにされがちですが、「ペダラ」はデザイン性も妥協していません。

所どころシュッとしたシャープなデザインは、少しフォーマルな雰囲気を醸し出してくれます。これなら職場に履いていっても違和感ありません。

アシックスウォーキング「ペダラ」

アシックスウォーキング「ペダラ」

快適な「GEL」クッション

ペダラのヒール(かかと)には、アシックスが開発したクッション素材「GEL」を内蔵し、クッション性を高めています。下の写真のヒールの丸い部分が「GEL」です。

アシックスウォーキング「ペダラ」

これが、ものすごく快適でした。ヒールの部分が少しだけポコっと盛り上がっていて、着地のたびに「GEL」のクッションがギュッと押しつぶされる構造になっています。

僕は1日に平均で1万2千歩前後を歩きますが、1日中履いていても疲れません。特に、満員電車で立っているのが楽になりましたね。

雨にも強いゴアテックス仕様

ゴアテックスの防水性も、ペダラを購入した理由のひとつです。

僕は雨の日でも傘はささず、防水仕様のアウターシェルをまとうことが多いのですが、その分どうしても靴が濡れてしまいます。

そこで、普段履く革靴は、なるべく防水仕様のものを選んでいます。

ペダラには、ゴアテックス(GORE-TEX)ファブクリクスを採用し、撥水加工が施されているので、雨が降っても水を弾いてくれます。

今週はたまたまペダラを履いて雨の中を歩きましたが、しっかり雨水を弾いてくれますし、水たまりに入っても濡れる心配はありません。

アシックスウォーキング「ペダラ」

まとめ

以上、デザイン性やクッション性、防水性に優れたアシックスウォーキングの人気モデル「ペダラ」をご紹介しました。

これから大切に履いていきたいと思います。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎