生涯賞金獲得No1のマラソン選手は「皇帝ゲブラシエ」だって知ってた?

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

全世界のロードレース記録をデータベース化しているウェブサイトを見つけました。原則3,000メートル以上のロードレースが対象で、世界最速記録から国別・年齢別ランキングまで、いろんなデータが照合できるようになっています。

Association of Road Race Statisticians(ARRS)

データベースの管理

2017年3月時点で、世界中の16万レース、3万5千人のエリートランナーのデータが蓄積されています。ARRSはIAAF(国際陸上競技連盟)のような公的機関ではなく、有志がボランティアで各国のロードレース記録を収集・蓄積しています。

男子フルマラソンの日本歴代記録

例えば、日本の男子フルマラソンの歴代記録が知りたければ、Record Progressions > JPN/Road をクリックすると、Marathon > Men の項目にリスト化されています(URL)。

歴代1位は、高岡寿成さんが2002年にシカゴマラソンでマークした2時間6分16秒。先日の「東京マラソン2017」では設楽選手が日本記録更新する勢いで前半を走っていましたが、15年経った今でも記録は破られていません。

宗茂さんは日本人で初めて2時間10分切りを達成していたんですね。元世界記録保持者でもある寺沢徹さんは、自身が持っていた日本記録を4回も塗り替えています。

  1. 2:06:16 Toshinari Takaoka 13 Oct 2002 Chicago IL USA
  2. 2:06:51 Atsushi Fujita 03 Dec 2000 Fukuoka JPN
  3. 2:06:57 Takayuki Inubushi 26 Sep 1999 Berlin GER
  4. 2:07:40 Hiromi Taniguchi 16 Oct 1988 Beijing CHN
  5. 2:08:15 Takeyuki Nakayama 14 Apr 1985 Hiroshima JPN
  6. 2:08:38 Toshihiko Seko 13 Feb 1983 Tokyo JPN
  7. 2:09:05.6 Shigeru So 05 Feb 1978 Beppu JPN
  8. 2:10:37.8 Akio Usami 06 Dec 1970 Fukuoka JPN
  9. 2:11:17.0 Seiichiro Sasaki 03 Dec 1967 Fukuoka JPN
  10. 2:13:33.4 Kenji Kimihara 05 Feb 1967 Beppu JPN
  11. 2:14:05.2 Hidekuni Hiroshima 27 Nov 1966 Fukuoka JPN
  12. 2:14:35 Toru Terasawa-5 13 Feb 1966 Beppu JPN
  13. 2:14:38 Toru Terasawa-4 07 Feb 1965 Beppu JPN
  14. 2:14:48.2 Toru Terasawa-3 06 Dec 1964 Fukuoka JPN
  15. 2:15:15.8 Toru Terasawa-2 17 Feb 1963 Beppu JPN
  16. 2:16:18.4 Toru Terasawa 02 Dec 1962 Fukuoka JPN
  17. 2:18:52 Takayuki Nakao-3 20 Oct 1962 Auckland NZL
  18. 2:18:54 Takayuki Nakao-2 21 Mar 1961 Nagoya JPN
  19. 2:20:45 Takayuki Nakao 04 Feb 1960 Fukuoka JPN
  20. 2:21:40 Kurao Hiroshima-3 01 Dec 1957 Fukuoka JPN
  21. 2:23:51 Kurao Hiroshima-2 11 Dec 1955 Fukuoka JPN
  22. 2:26:32 Kurao Hiroshima 08 May 1955 Osaka JPN
  23. 2:26:44 Yasuo Ikenaka 03 Apr 1935 Tokyo JPN
  24. 2:27:49 Fusashige Suzuki 21 Mar 1935 Tokyo JPN
  25. 2:31:10 Kozo Kusunoki-2 03 Nov 1933 Tokyo JPN
  26. 2:31:31 Tanji Yahagi 30 Apr 1932 Tokyo JPN
  27. 2:34:04.4 Tamao Shiaku 03 Nov 1931 Tokyo JPN
  28. 2:34:30 Seiji Takahashi 04 Oct 1931 Tokyo JPN
  29. 2:35:24 Kozo Kusunoki 03 Nov 1929 Tokyo JPN
  30. 2:35:29 Kanematsu Yamada 05 Aug 1928 Amsterdam NED
  31. 2:35:35 Seiichiro Tsuda 15 Apr 1928 Osaka JPN
  32. 2:36:10 Shizo Kanaguri-2 13 Apr 1924 Tokyo JPN
  33. 2:43:47 Masao Muraoka 11 Nov 1923 Tokyo JPN
  34. 2:48:10 Chojiro Nishida 05 Nov 1922 Tokyo JPN
  35. 2:48:45.4 Shizo Kanaguri 22 Aug 1920 Antwerp BEL

歴史の古いマラソン大会

開催回数の多い(歴史の古い)マラソン大会ランキングもありました。

Longest Running Marathons

トップは世界最古のマラソンとして有名なボストンマラソン。日本からも「びわ湖毎日マラソン」「高知龍馬マラソン」「福岡国際マラソン」の3大会が世界トップ10に名を連ねています。

  1. 119 Boston Boston MA/USA
  2. 91 Kosice Kosice SVK
  3. 91 Yonkers Yonkers NY/USA
  4. 82 Polytechnic Windsor ENG
  5. 72 Biwa-ko Mainichi Otsu JPN
  6. 71 Belfast Belfast NIR
  7. 71 Kochi Ryoma Kochi JPN
  8. 70 Jackie Gibson Johannesburg RSA
  9. 70 Fukuoka Fukuoka JPN
  10. 68 Durban Athletic Club Durban RSA

生涯賞金獲得の多いマラソン選手

お金にまつわるデータもありました!

Life-Time Prize Money

男子トップはマラソン界の「皇帝」ゲブレセラシェ。日本円にして4億円弱の賞金を獲得しています。

  • $3,549,398 (53) Haile Gebreselasie (ETH)
  • 1,886,000 (12) Samuel Wanjiru Kamau (KEN)
  • 1,840,090 (34) Wilson Kipsang Kiprotich (KEN)
  • 1,777,063 (51) Kenenisa Bekele Beyeche (ETH)
  • 1,623,345 (21) Tsegay Kebede Tadesse (ETH)

女子トップは、ケニア出身のチェプコスゲイ。2位は女子フルマラソン世界記録保持者のラドクリフ。よく見ると、2位以下は男子よりもしっかり稼いでいますね。

  • $2,387,895 (30) Mary Keitany Chepkosgei (KEN)
  • 2,236,415 (56) Paula Radcliffe (ENG)
  • 2,127,231 (82) Edna Kiplagat Ngeringwony (KEN)
  • 2,048,595 (31) Irina Mikitenko (GER)
  • 1,795,284 (153) Catherine Ndereba (KEN)

まとめ

以上、世界のロードレース記録をデータベース化したウェブサイトを紹介しました。他にも面白いランニングがいっぱい載っていますよ。ちょっとした調べ物をしたいときにも役立ちますね。

関連記事

B!

同じカテゴリの記事

埼玉の奥地で見つけた”進化系”日帰り温泉「おふろ cafe 白寿の湯」

ロボットの走行能力はここまで進化していた!ボクト・イッショニ・ハシロウヨ

未分類」の記事一覧へ ▶︎