「100メートル王者」ベイリーと「200メートル王者」ジョンソンのガチンコ対決

更新:

「100メートル王者」ベイリーと「200メートル王者」ジョンソンのガチンコ対決

懐かしい…。こんな動画が残っていたとは!

ドナバン・ベイリー対マイケル・ジョンソン 150メートル走


1997年当時、100メートル走の世界王者ドナバン・ベイリー(Donovan Bailey)と、200メートル走と400メートル走の世界王者マイケル・ジョンソン(Michael Johnson)が、150メートル走で「世界最速の男」を競い合った試合です。

20年近く前のことですが、テレビの前で釘付けになったのを今でも鮮明に覚えています。ぼくはマイケル・ジョンソンが好きで応援していたのですが、ジョンソンは途中で「棄権」してしまうんですよね。

競技場のコーナーを曲がって直線コースに差し掛かると、ベイリーがグイと前に出て、ジョンソンが遅れをとる。もう勝てないと悟ったのか、本当に足を痛めたのか、残り70メートルあたりでジョンソンを足を引きずりながら走るのをやめてしまいました。

勝負に勝ったベイリーは、鬼の首を取ったように狂喜し、あげくの果てに途中棄権したジョンソンを「卑怯者」呼ばわりしたそうです。それはそれで、後々メディアからバッシングを受けたとか。

「世界最速の男」の称号を手にしたベイリーも、もはや最速の男ではなくなりました。現在は、リオ・オリンピックで100メートル、200メートル、100メートルリレーで金メダル三冠を達成したウサイン・ボルトが、100メートルと200メートルの世界記録を持っています。これなら150メートル走に出場しなくて済みますね。

と思ったら、ボルトはイギリスのマンチェスターで行われた150メートル走に出場していて、150メートルの世界記録も持っていました!さすが「人類史上最速の男」ですね。

この記事をシェアする

この記事が気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです。

運営者「とも」について

マラソンがライフワーク。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。非エリート系プロランナーを目指しています。 ⇒ 詳細プロフィールへ

以下アカウントでも活動を発信中。フォロー・登録いただけると嬉しいです。

tomo.run

当ブログに関するお問い合わせはこちら

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧