おしりの補強で劇的レベルアップ by 高橋尚子『こんなに楽しいのに走らなきゃもったいない』

書評

Qちゃん(高橋尚子さん)の『こんなに楽しいのに走らなきゃもったいない』を読み、楽しみながら走ることの大切さを改めて実感しました。より速く、より長く走るためには苦しいトレーニングも必要ですが、根本的に走ることが「楽しい!」と感じられないと、長続きしないですからね。

楽しんで走ると、結果がついてくる

ぼくの場合、2015年はフルマラソンの自己ベスト更新に捉われすぎて、走る楽しみを忘れていた一年でした。レースに出場するのも苦痛で、自己ベストが更新できなかった悔しい思い出しか残っていないです(笑)。

一方、2016年は「走るを楽しむ」をモットーに、旅ランに出かけたり、海外のフルマラソンに初出場したり、20数年のランニング人生で最も充実した一年でした。嬉しいことに、結果として「さいたま国際マラソン」でフルマラソンの自己ベストを更新できました。

あくまでも個人的なベストプラクティスになりますが、以下のサイクルを回せるようになったのも、2016年の収穫のひとつです。

  • レースは苦しまないペースで走る
  • より多くのレースを楽しんで走る
  • ベースの「走力」がついてくる
  • 苦しまないで走れるペースが上がる
  • 自己ベストが改善できる

100人いたら、100通りの楽しみがある

Qちゃん本も「楽しんで走る」がテーマになっています。本書の冒頭でQちゃんは、100人いたら100通りの楽しみがあると言っていますが、世界を代表するマラソン選手だからこそ、その言葉には説得力があります。

運動能力やタイムの向上も楽しさのひとつですが、それ以外にも健康や美容にいい、走ることで頭がすっきりする、自然を感じる、自分と向きあえる時間になるなど、同じ「走る」ということでも、いろいろな側面があります。

ランニングを長続きさせるコツは、自分なりの楽しみ方を早期に見つけることだとも言えますね。

「 ロックンロールマラソン」がモデル

印象的だったのが、Qちゃんの地元で開催される「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」のエピソード。

2017年大会からは、IAAF(国際陸上競技連盟)のゴールドラベルのハーフマラソンに国内で初めて認定されるほどの硬派な(?)レースと言えますが、Qちゃんが参考にしたのは、エンタメ感満載の「ロックンロールマラソン」だと言います。

米国のバージニアビーチで参加した大会では、コースの要所要所で地元の選考を勝ち抜いたバンドが演奏で励ましてくれて、終了後には海岸でコンサートが開かれるというものでした。私が参加したときは、大人気グループ、ジャーニーのコンサート。

疲れているから一、二曲聴いて帰ろうと思っていたのですが、あまりに楽しくて、二時間砂浜で立ったまま過ごしていました。こんな風に、現役時代から、走ること以外に楽しかった印象を残せるマラソン大会が日本にもあればいいと思っていました。

「ロックンロールマラソン」については、以前記事を書きましたが、ファンランをフルマラソン化したような大会です。「フルマラソン=苦しい」のイメージを覆す画期的な取り組みだと言えます。

おしりの筋肉を鍛えるべし

本題から少し脱線しますが、Qちゃんのトレーニングに関するアドバイスも参考になったのでメモしておきます。

走るほうのトレーニングは、小出監督の教えを忠実に守ってきたと本人も言う通り、小出義雄さんの著書の内容とかぶっています。興味深かったは、Qちゃんが体幹の補強に毎日やっているという「おしりトレーニング」。現役時代に驚くような効果があったと言います。

おしりの補強をすることで私は「魔法」にかかったようなレベルアップができました。5000メートル走に取り組んでいたとき、なかなか16分を切れなかった私が、おしりを鍛え始めたら記録が30秒以上アップしたのです。

おしりの筋肉はマラソンの前半で体のばねを使わずに走るための大事なところ。一日二、三分、長くても五分ぐらいの補強でまったく変わってきます。

本書に詳しいトレーニング方法が紹介されているので、興味がある方はぜひ手に取ってみてください。

来年は早速「おしりトレーニング」を実施しようと思います!

まとめ

ランニングが長続きしない人は、おそらく「楽しんで走る」方法を知らない人かもしれません。100人いれば100通りの楽しみ方があります。元五輪金メダリストのQちゃんの本を読めば「楽しんで走る」方法を見つけるヒントが得られると思います。

アマゾンで『こんなに楽しいのに走らなきゃもったいない』のレビューと最新価格をチェックする

【目次】

  • 第1章 「楽しい!」をもっと感じよう
  • 第2章 これであなたも「ランナー」に!
  • 第3章 「走る」を生活の一部に!
  • 第4章 「成長がとまった?」と感じたときこそ伸びるとき!
  • 第5章 さあ、胸を張って!
  • 第6章 マラソンが人生を変える

この記事をシェアする

よく読まれている記事

  1. ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ
  2. 【2017年版】海外の人気マラソン大会まとめ:憧れのレースに出場するための第一歩
  3. シューズで二股かけるなら、アシックス「DynaFlyte(ダイナフライト)」がおすすめ
  4. 世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう
  5. レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について