秩父チャレンジロードレース 10K【ブログレポート】標高差140mの「激坂」コース

更新:

秩父チャレンジロードレース 10K【ブログレポート】標高差140mの「激坂」コース

《秩父チャレンジロードレース》早わかりQ&A

1)どんな人におすすめ?

「坂道」に強くなりたい人。子供が遊べる場所やキッズランの部もあるので、子連れランナーにもおすすめです。

2)エントリーの条件は?

特になし。

3)ナンバーカードの受取方法は?

事前送付されたハガキを持って、レース当日に会場で受け取る。

4)スタート会場はどこ?

埼玉県の「秩父ミューズパーク スポーツの森」。秩父ミューズパークの敷地内を走るコースです。

5)荷物・貴重品は預かってくれる?

会場内に設置されたコインロッカーを使用。

6)コースで最も印象に残っている場所は?

ラスト4kmで走る「スカイロード」。

7)コースで最も苦しかった場所は?

10kmコースの4〜5km地点に立ちはだかる高低差140mの激坂。数年前にここを走った川内優輝さんも「かなり苦しんだ」そうです。

8)ゴール会場はどこ?

スタート会場と同じ。

9)完走したらもらえるモノは?

スポーツドリンク、完走証。他にも参加記念Tシャツも貰えます。

10)他に知っておくべきことは?

ロード、砂利、芝生、タイル、トレイル、激坂と何でもありなコースです。ランニングシューズは安定感のあるものを選びましょう。

《秩父チャレンジロードレース》受付

今回は「秩父ミューズパーク」の敷地内にある「PICA秩父」のコテージに前泊しました。スタート会場までは徒歩3分!

10kmの部は10時スタートなので、8時半までコテージでのんびりできました。

秩父ミューズパーク スポーツの森
埼玉県秩父市久那637−2

こちらが「スポーツの森」。大型駐車場、テニスコート、流れるプールなどがあります。

事前に郵送されたハガキを見せて、ナンバーカードとランナーズチップを受け取ります。

ランナーズチップは、RSタグでした。ちなみに、今回はナイキの「ペガサス35」を履いてレースに挑みます。

ナンバーカードを受け取った後は、参加記念Tシャツを受け取ります。その際にハガキを回収するので、先にナンバーカードを受け取る必要があります。

荷物や貴重品は、館内のコインロッカーに預けられます。

ゲストランナーは川内優輝さん!

9時からの開会式にも顔を出しました。ゲストランナーは川内優輝さん。

川内さんも数年前に10kmの部に参加しています。高低差140mの激坂が「かなり辛かった」とコメント。


スタート会場では、川内さんがこれまでに獲得した金・銀・銅メダルを展示していました。大会スタッフが「警備員」として張り付いていましたが、自由に写真撮影して良いとのこと。触るのは NGでした。

左から、《ボストンマラソン2018》の金メダル、《世界陸上大邱2011》の銀メダル(団体)、《仁川アジア競技大会2014》の銅メダル。

やはり、ボストンの金は別格ですね。

《秩父チャレンジロードレース》スタート前

10分ほどジョグ+ダッシュを繰り返してウォームアップをしました。

スタート15分前にスタートブロックに入ります。参加人数はそんなに多くないので、スタートラインから3mの場所に陣取ることができました。

スタート直前に川内優輝さんから激励の言葉がありました。

《秩父チャレンジロードレース》レース本番

10kmコースの特徴

実は《秩父チャレンジロードレース》の詳しいコース情報がわからず、今回はぶっつけ本番で10kmのレースに挑みました。高低差140mの激坂があるとは聞いていましたが、どのあたりにあるのやら。

Stravaのアクティビティに記録しておいたので、ルートや高低差を詳しく知りたい方はこちらへ。

以下はレース分析より。棒グラフがペース、線グラフが標高を表します。2〜3kmが下り坂、4〜5kmが上り坂、6km以降はほぼフラットなコースです。

激坂

下り坂は、トレイルコースをひたすら下っていきます。道幅が狭く、足場も不安定なのでスピードを出しすぎるのは危険。といいつつ、ここで時間を稼ごうとビュンビュン飛ばしていきます。

40分切りを狙っていたので、スタートから4分/kmを切るペースで走りましたが、高低差140mの激坂で撃沈しました。一番苦しい場所だと、6分/kmまでペースダウンしてしまいました。周りのランナーも同様だったので、苦しいのは自分だけではなかったようです。

あとで Stravaのデータを確認したら、最大心拍数が190まで上がっていました。脚よりも心肺のほうが「激坂」にやられてしまったようです。

6km以降は、ほぼフラットなコースとなります。こちらは前日に子どもたちを遊びに連れてきた公園。

激坂ほどではありませんが、スカイロードも緩やかな起伏があります。

7kmあたりで芝生の広場をぐるっと1周します。

ラスト3kmは「スカイロード」と呼ばれるタイル張りの歩道を一直線に走ります。雨上がりに映える新緑が美しかったですね。

《秩父チャレンジロードレース》ゴール後

2週間前に走った《山中湖ロードレース》では、最初の10kmを40分で通過しているので、40分切りは楽勝かと思っていました。しかし「高低差140mの激坂」が予想以上に苦しくて撃沈しました。

結局、激坂を上りきった後はペースを4分/kmに戻せず、42分40秒でフィニッシュ。「10km一般男子39歳以下」の部では33位でした。

非常に苦しいレースでしたが、また走ってみたいなと思えるコースでした。小中学生向けのコースもあるので、来年は子どもたち一緒に参加しようと思います。


最後にひと言

「激坂」とはいえ、《軽井沢・碓氷峠ラン184》ほどではありません。あれは高低差400mですからね。

この記事をシェアする

この記事が気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです。

運営者「とも」について

マラソンがライフワーク。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。非エリート系プロランナーを目指しています。 ⇒ 詳細プロフィールへ

以下アカウントでも活動を発信中。フォロー・登録いただけると嬉しいです。

tomo.run

当ブログに関するお問い合わせはこちら

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧