ランナーのためのチャーチル名言集。「誰にでも勝利の時は来る。でもその道のりは長い」

更新:

ランナーのためのチャーチル名言集。「誰にでも勝利の時は来る。でもその道のりは長い」

シンガポール行きの飛行機で映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』を観ました(日本では 3月30日から公開予定)。

ウィンストン・チャーチル(Winston Churchill, 1874-1965)はイギリスの政治家、作家。第二次世界大戦中に首相に就任し、敗戦が危ぶまれた対独戦争でイギリスを勝利に導きました。BBCの「100名の最も偉大な英国人」では、ダーウィンやシェイクスピア、ダイアナ妃を抑えて「歴史上最も偉大な英国人」に選ばれています。

演説家として超一流だったチャーチルは、英国議会やラジオ放送などを通して多くの名ゼリフを残しており、今でも「チャーチル名言集」として語り継がれています。

その多くは戦時下の兵士や国民を鼓舞するための言葉ですが、改めて読み返してみると、逆境と戦うすべての人に響く言葉でもあります。もちろん、我々のようなランナーにも当てはまります。

ランナーのためのチャーチル名言集

そこで、チャーチルの名言からランナーに役立ちそうなものを 5つピックアップしました。名言集のソースはBBC Americaより。マラソン大会で自分と戦っている時、あるいは日々の練習で心身ともに疲れ果てた時、チャーチルの次の名言を思い出してみてください。きっと、もう少し頑張ってみよう!と思えるはず。

Success is not final, failure is not fatal, it is the courage to continue that counts.

意訳:成功も失敗も最終形ではない。続ける勇気こそが大事なのだ。

If you’re going through hell, keep going.

意訳:苦しんでいるのかい?ではもっと苦しむがよい。

Everyone has his day, and some days last longer than others.

意訳:誰にでも勝利の時は来る。でもその道のりは長い。

Continuous effort – not strength or intelligence – is the key to unlocking our potential.

意訳:たゆまぬ努力こそが道をひらく。体力や知性は関係ない。

This is the lesson: never give in, never give in, never, never, never, never — in nothing, great or small, large or petty — never give in except to convictions of honour and good sense.

意訳:どんなことでも、絶対に諦めるな。絶対に諦めてはならない。絶対に、絶対に、絶対に、絶対に。名誉と良識のためを除いては。

個人的には「誰にでも勝利の時はある。でもその道のりは長い。」が一番好きですね。マラソンでも良い結果を出す時ほど、長い苦しみが続くものです。また、その時に良い結果が出なかったとしても、長い目で見れば将来の糧となる。ランナーとして、チャーチルから学べることは多いなと思いました。

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』について

簡単に映画の紹介もしておきます。

作品名:『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
公式サイト:http://www.churchill-movie.jp/

アメリカでは2017年に公開。日本では2018年3月30日から順次公開予定となっています。

以下は公式サイトの作品情報より。

1940年5月、第二次世界大戦初期。ヒトラー率いるナチス・ドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、イギリスにも侵略の脅威が迫っていた。 内閣不信任決議が出されたチェンバレン首相の後任として、外相のハリファックスが最適任者だという声があがるが、本人はこれを固辞。そこで、国民からの人気は高いが、たび重なる失策から政党内の “嫌われ者”であったウィンストン・チャーチルに白羽の矢が立つ。

映画の予告編はこちら。チャーチルを演じるゲイリー・オールドマンは本人そっくりで驚きました!

作品の中では、昨年ロンドンで訪れた「チャーチル戦時執務室」が出てきました。世界中の戦線の情報を集約した「MAP ROOM」やルーズベルト大統領とホットラインで結ばれた電話室などがフィーチャーされています。

関連世界戦略はこの部屋で決められた!ロンドンの地下に眠る「チャーチル戦時執務室」

※冒頭の写真も「チャーチル戦時執務室」で撮影したものです。

ワンポイントアドバイス

チャーチルの名言をもっと学びたい方は、名言集をどうぞ。

Amazonでチャーチルの名言集を探す

この記事をシェアする

この記事が気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです。

運営者「とも」について

マラソンがライフワーク。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。非エリート系プロランナーを目指しています。 ⇒ 詳細プロフィールへ

以下アカウントでも活動を発信中。フォロー・登録いただけると嬉しいです。

tomo.run

当ブログに関するお問い合わせはこちら

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧