コロナ禍で開催中止のマラソン大会。返金対応はいかに?

解説・まとめ

新型コロナウィルスの感染拡大により、2020〜2021年のマラソン大会の多くは開催中止を余儀なくされた。中止の際の対応は、大会によって異なる。参加費を全額・一部返金したり、参加賞を送ったり、中には地元特産品を送ってくれた大会もある。返金方法も、書留からQUOカードまで様々だ。

ここでは、僕が参加予定だったマラソン大会の対応について紹介する。どの大会も一生懸命に対応していただき感謝している。

この記事の目次

ボストンマラソン

ボストンマラソンは、100年以上の歴史を持つ世界最古の市民マラソン大会。ワールドマラソンメジャーズ(6大マラソン)の一角を成し、世界中のマラソンランナーが憧れる存在だ。やっと出走権を手に入れたと思ったら、コロナ禍で9月に延期。しかし収束の見込みがないことから、一般ランナーの部は開催中止が決定し、代わりに9月7日〜14日にバーチャルレースが行われることになった。

参加費は手数料を含む全額返金(full refund)。さすが天下のボストンマラソン、太っ腹な対応だ。参加予定者には9月に開催されたバーチャルレースの出走権も付与された。

バーチャルレースも太っ腹な内容だった。まず、レース開催前に参加キットがはるばるアメリカから届いた。

そしてレースの後には、完走キット(Finisher’s Pack)が別便で届いた。これ全部込みで参加費50ドル(約5,500円)って安過ぎないか。。

山中湖ロードレース

山中湖ロードレースは、毎年5月末に山梨県の山中湖で開催されるマラソン大会。2018年、2019年に参加しており、2020年で3年連続出場の予定だったが、こちらもやむなく開催中止。

参加費5000円のうち、2000円分が返金された。セブンイレブン(セブン銀行)のATMで現金を受け取る新しいスタイルだった。

山中湖ロードレースは過去2年連続で参加しており、Tシャツのクオリティがめちゃくちゃ高い。後日、参加記念Tシャツが届いた時は嬉しかった。

ちなみに大会の収支見込をちゃんと開示してくれた。返金分2000円と参加記念Tシャツの費用を差し引くと35万円の赤字とのこと。。

マラソンフェスティバル in昭和記念公園

マラソンフェスティバル in昭和記念公園は、東京都立川市で頻繁に開催されるマラソン大会。年明け早々に参加する予定だったが、東京都が新型コロナウィルスの感染拡大を抑えるために、昭和記念公園を閉園した。

ほぼ毎月のペースで開催している大会なので、別の大会に振り替える選択肢もあったが、僕は返金のほうを選んだ。すると後日、現金書留で参加費の一部が戻ってきた。書留を受け取るなんて、何年ぶりだろう。

湘南国際マラソン

湘南国際マラソンは毎年2月に神奈川県で開催されるマラソン大会。コロナ禍で2021年前半のマラソン大会が軒並み中止となる中、感染対策を徹底して開催する大会として注目を集めていた。しかし、フルマラソンの部から25kmの部にコース短縮が決まった後、開催中止が決定した。

参加費は手数料を差し引いた分を返金。「CASH POST」という決済サービスを介して送金された。なお後日、参加記念Tシャツが送られてくるとのこと。

燕さくらマラソン

燕さくらマラソン大会は、新潟県燕市で毎年4月に開催されるマラソン大会。こちらは中止ではないが、新潟県内在住者になってしまったので、埼玉県在住の僕にとっては、実質的に開催中止を宣告されたようなものだ。

参加費は全額をQUOカードで返金。比較的早いタイミングでの決定と、県内在住者むけには開催するので、無駄な出費が抑えられたと推測する。

鹿児島マラソン

鹿児島マラソンは、毎年3月に鹿児島県鹿児島市で開催されるマラソン大会。2020年大会は、新型コロナウィルスの感染が拡大し始めた頃に開催中止が決まった。当時は返金対応に関する事前準備や前例がなかったため、「地震・風水害・荒天・積雪・事件・事故・疫病等、主催者の責によらない事由で大会が中止となった場合」に該当するとして、返金対応はなし。

ただし、すでに発注してしまった参加賞は、後日送っていただいた。

鹿児島マラソンは2021年大会も開催中止が決まっている。2020年・2021年に参加できなかった県外のランナー向けに、5000円相当の特産品が後日届いた。

10歳から知っておきたいお金の心得〜大切なのは、稼ぎ方・使い方・考え方