CW-Xスポーツショーツ レビュー:ボクサータイプがおすすめ

ランニングパンツの下に履くアンダーウェアはどうしたらいい?と迷った時は、CW-X(シーダブルエックス)の「スポーツショーツ」がおすすめ。吸汗速乾素材と動きの妨げにならない設計で超快適。ボクサータイプとビキニタイプを履いてみたので比較する。

CW-Xスポーツショーツ

CW-Xスポーツショーツ」はボクサータイプとビキニタイプの2種類ある。おすすめは安定感の高いボクサータイプ。ビキニタイプは男性の大事な部分がハミ出るし、お尻が食い込むので買わない方が無難。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

ランニング向け高機能インナーパンツ

僕は元々アンダーウェアにこだわりがなく、長年ユニクロのボクサーパンツを履いてきた。

走る時もランニングパンツの下はユニクロ。なので割とすぐにボロボロになり、穴が開くと買い替えていた。

ところが先日、誕生日プレゼントに妻からちょっといいボクサーパンツをもらった。ユニクロも好きだけど、高級素材のボクサーパンツは履き心地が快適。

さすがにこれで走るのはもったいないので、ランニング向けのインナーパンツを買うことにした。

今回選んだのは「CW-Xスポーツショーツ」。主な特徴は以下のとおり。

  • ワコールの高機能ウェア「CW-X」シリーズ
  • 吸汗速乾・抗菌防臭素材を使用
  • ランニングの動きの妨げにならない設計
  • ボクサータイプとビキニタイプの2種類
  • 日本製

CW-X(シーダブルエックス)といえばテーピング原理を応用したスポーツタイツやソックスが有名。だが女性下着の大手ワコールのブランドであることはあまり知られていない。

ちなみに僕は「CW-X 5本指ショートソックス」を長年愛用しており、CX-Wブランドの品質の高さは熟知している。

デザインとスペック

CW-Xスポーツショーツ」はボクサータイプとビキニタイプの2種類あり、今回は両方購入して履き心地を比較した。

タイプボクサータイプビキニタイプ
品番HSO550HSO540
素材身生地:ポリエステル85%、ポリウレタン15%、切替部:ポリエステル90%、ポリウレタン10%、テープ部:ナイロン90%、ポリウレタン10%身生地:ポリエステル70%、ポリウレタン30%、テープ部:ナイロン60%、ポリエステル25%、ポリウレタン15%
サイズS:68~76cm、M:76~84cm、L:84~94cm、LL:94~104cmS:68~76cm、M:76~84cm、L:84~94cm
カラーブラック、ライトグレーブラック

ボクサータイプ

ボクサータイプはローライズのスクエア丈で、フロント部分は男性の大事な部分がすっぽり収まる立体設計が特徴。

全体的にメッシュ素材を採用することでムレを軽減し、鼠蹊部(Vライン)には大穴メッシュを採用することで通気性と伸縮性を高めている。

ビキニタイプ

ビキニタイプはローライズのVマチ構造。縫い目がなくアウターにひびきにくいレッグラインが特徴。

フロント部分は幅が狭く、太ももに干渉しないため足の動きにまったく干渉しない。

CW-Xスポーツショーツの評価

ここからは実際に「CW-Xスポーツショーツ」を履いてみて気づいた点をまとめていく。

結論から言うとボクサータイプの方が断然おすすめ。ビキニタイプは買って後悔した。

ビキニタイプは不安定

今回最初に購入したのがビキニタイプだった。見た目からして動きやすそうだったのが選んだ理由だが、実際に履いてみると男性の大事な部分が安定しないという致命的な問題が発覚した。

フロントの部分は幅が狭く、立体的な奥行きもない。そのため、走っていると左右のどちらかにハミ出てしまう。つまりランニング時はビキニとしても機能しないのだ。

長時間走っていると後ろ部分もお尻に食い込んでくるし、履き心地は良くない。一度履いてしまった下着は返品できないので、ビキニタイプは普段着として使うことにする。

ボクサータイプは安定感が高い

というわけでボクサータイプを追加で購入した。こちらはフロントが立体的で男性の大事な部分をすっぽりと包んでくれる。ローライズながら太ももにもかかるので全体的に安定感がある。

長時間走っていてもハミ出る心配はないし、お尻にも食い込まない。

ボクサータイプは通気性も高い

さらにボクサータイプは鼠蹊部(Vライン)に大穴メッシュの生地を使うことで、動きやすさと通気性を高めている。このおかげで、男性の大事な部分の締め付けもちょうど良い。

ウエストはフィット感良好

ボクサータイプのウエストは伸縮性を持たせながら激しい運動でもズレない絶妙な設計。さすがスポーツタイツの専門ブランドだけある。

寒い季節ほど重宝する

ハーフパンツなら最近はインナー内蔵型のものが増えてきている。僕が愛用しているものだと、ホカオネオネの「GLIDE 7 INCH SHORT」、サロモンの「XA 7インチ SHORT」、パタゴニアの「Endless Run Shorts」がある。

これらは内側にブリーフやタイツを配置しているので、暖かい季節はこれ一枚でアンダーウェアは必要ない。

ただ、ロングパンツでインナー内蔵型のものは見たことがない。なので寒い季節はランニング専用のアンダーウェアが必要となる。ロングパンツはただでさえ足の動きの妨げになるため、アンダーウェアくらいは履き心地の快適なものを選びたい。

CW-Xスポーツショーツ」のようなアンダーウェアは寒い季節ほど重宝する1枚だと思う。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

CW-Xスポーツショーツ

CW-Xスポーツショーツ」はボクサータイプとビキニタイプの2種類ある。おすすめは安定感の高いボクサータイプ。ビキニタイプは男性の大事な部分がハミ出るし、お尻が食い込むので買わない方が無難。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >