疲労予防に効果的!2017年「今年の一皿」は”鶏むね肉”料理

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

飲食店の情報サイト「ぐるなび」が、2017年の世相を表す「今年の一皿」を発表しました。※写真はぐるなび総研の公式サイトより。

参照2017年「今年の一皿」|ぐるなび総研

皆さんは「今年の漢字」はご存知ですよね?毎年、京都の清水寺でお坊さんがその年の世相を表す漢字一文字を書くイベントで、ニュースでも取り上げられています。「今年の一皿」はその“食”バージョンと言えます。

2017年「今年の一皿」は、鶏むね肉料理

うーむ、そうきましたか。でも納得。ぼくも今年から疲労予防のために「鶏むね肉」を積極的に食べるようにしていますからね。鶏むね肉に含まれる「イミダペプチド」には抗疲労効果や抗酸化作用があると言われています。

関連アスリートが「鶏の胸肉」を食べるべき理由 -『すべての疲労は脳が原因』

「今年の一皿」の選定理由の中でも、イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)について触れています。

日本では一般的に「もも肉」が好まれる傾向にある中、高齢化や健康志向の高まりから、糖質・脂質の過剰摂取を控えてたんぱく質を適正に摂取しようとする人々が増え、「むね肉」の高たんぱく・低脂肪の特性に注目が集まった。同時に、抗疲労効果や抗酸化作用があるイミダゾールジペプチドが豊富に含まれる「むね肉」の機能性についても、消費者に広く認知されるようになった。

新しい食べ方や調理法の提案も選定理由に挙げられています。言われてみれば、どんなに身体に良いとされても美味しくなければ広く浸透しないですからね。

脂質が少ないことから加熱すると硬くなり、パサつくといわれる「むね肉」だが、ここ数年で塩麹に漬ける、真空低温調理するなどの技術により、柔らかくしっとり美味しく食べられるようになった。特に今年は、たっぷりの野菜・果物に肉類をあわせて主食とする新しいスタイルのサラダの需要も伸び、サラダの具材としても広く活用された。

そういえば最近スーパーやコンビニの冷蔵コーナーでサラダ用のチキンをよく目にしますし、人気レシピサイトCookpadでは53,000を超える「鶏むね肉」のレシピが公開されています。

我が家では、最低でも週1回は鶏むね肉料理が食卓にあがります。牛肉や豚肉よりも安価なので家計的にも助かります。

海外では「鶏もも」より「鶏むね」が人気

日本では一般的に唐揚げや焼き鳥などの「鶏もも」が好まれますが、これは日本特有の現象だって知っていましたか?

実は、海外では逆。鶏は、むね肉の方がよく食されているという。メニューを見ても、時間をかけて油でじっくり熱を通す「鶏のコンフィ」や中華の定番「バンバンジー」、トマトと唐辛子で煮込むイタリア料理「カチャトーラ」もむね肉だ。(日本ハム公式サイトより)

外資系ファーストフードで働いていた知人の話によると、欧米では鶏肉といえば「鶏むね」が好まれ、金銭的に余裕がない人たちが「鶏もも」を食べるそうです。クリスマスにケンタッキーフライドチキンを食べる様子をアメリカ人が見ると「日本人はなんて可哀想なんだ」と思うのだとか。

しかし世界中の人が「鶏むね」ばかり食べたら、「鶏もも」を廃棄せざるを得なくなるので、結果的にうまくバランスが取れているわけですね。

さいごに、余談ですが

「今年の一年」は2014年から始まったそうですが、過去の一皿は次の通り。ジビエ料理以外は知りませんでした。

今年も残すところあと僅か。来年に疲労を持ち越さないためにも、「鶏むね肉料理」を食べて疲労を予防しましょう。

B!

同じカテゴリの記事

トレランシューズを買いに行く時間がないので、Amazonで注文&自宅で試し履きしてみた

埼玉が世界に誇る「ぎょうざの満州」。おすすめは水餃子

未分類」の記事一覧へ ▶︎