旅ランニング|イギリス「イーストボーン」の走り方:リゾート地で楽しむビーチランニング

イーストボーン(Eastbourne)は、ドーバー海峡に面するイングランド南端のビーチリゾート。ロンドンのヴィクトリア駅から電車で1時間半でアクセスでき、海を見ながらランニングが楽しめる。近くには人気観光スポットの「ビーチー岬」もある。イギリス旅行のついでに走ってみたので紹介する。

#イギリス

とも

目次と内容

アクセス

ロンドンからイーストボーンへ行くには、ヴィクトリア駅からサウザーン線に乗る。オー(Ore)行きの直通列車に乗れば所要時間は約1時間半。午前7時にヴィクトリア駅に到着。ヴィクトリア駅は、主にイングランド南部と西部へ向かう列車が発着します。こちらがオー行きの車両。

ビクトリア駅では行き先を間違ってヘイスティング(Hasting)までの切符を買ってしまった。ヘイスティングはイーストボーンの先なので途中下車すればいいのだが、それにしても運賃が高い。。

イギリスの祝日(Bank Holiday)の午前7時半だから、車内はガラガラだった。

15分ほどすると、長閑な田園風景が広がる。

1時間半でイーストボーン駅に到着。

コース

今回は、イーストボーン駅を中心に、街中を自由気ままに走ってみた。ビーチリゾートなので、見所はやはり海沿いのビーチ周辺。こちらは、ゲストハウスのヴァーノン・ハウス(Vernon House)。イギリスに多い簡易宿泊施設のB&B(ベッド・アンド・ブレックファスト)で、ヴィクトリア朝の建物が美しい。

5分も走らないうちに、海岸沿いの道路「プロムナード(Promenade)」に到着。こちらはプロムナードで最も存在感のある、クレアモント・ホテル(Claremont Hotel)。

せっかくなので、プロムナードからビーチまで降りてみました。左手にはイーストボーン埠頭(Eastborne Pier)が海に突き出ている。

イーストボーン埠頭の入口。入場料はかからず、自由に出入りが出来る。

埠頭の上には、休憩スペースやお土産ショップ、ゲーセンなどがある。

ベンチに座って、海を見ながらお茶をしたら最高に良さそう。

こちらは埠頭の先端にあるレストラン。

まだ5月末だからか、泳いでいる人はいない。ドイツ語をしゃべる子どもたちが大勢いたが、恐らくヨーロッパ大陸からの修学旅行だろう。

イギリス海峡は潮の流れが激しいので、放っておくと砂が流されてしまう。それを防ぐための防砂柵が定間隔で埋め込まれていた。

プロムナードの下には、砂浜に沿って遊歩道が続いている。このまま西に向かうと、南イングランドを代表する景勝地「ビーチー岬」がある。

歩道はきれいに舗装されていて走りやすいです。イングリッシュ・ガーデン(風)の生け垣が素敵だ。

まるで物語の中から飛び出してきたような休憩所もあります。

途中、このような細い階段を見かける。

人がひとり通れるぐらいの小道を上ってくと、プロムナードに続く。

白亜の断崖絶壁が見えると行き止まりだ。

お役立ち情報

イーストボーンはロンドンから電車で1時間半で行けるので日帰り旅行も可能だ。時間に余裕があれば、プロムナード沿いのホテルに宿泊したい。ドーバー海峡を見ながらのんびりするのも悪くない。近くの「ビーチ岬」も外せない。

#イギリス

とも

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。