自費レビュー|榮太樓總本鋪 おしるこ レビュー:和風カーボローディングの決定版

お菓子

榮太樓(えいたろう)という老舗和菓子店の「おしるこ」が好きだ。北海道産小豆を使用し、甘さは控えめ。切り餅を2個入れて朝食に食べている。長距離走の前日や当日の朝に食べると腹持ちが良いので、ランニング前のカーボローディングにもおすすめしたい。

購入ガイド

榮太樓 おしるこ」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

目次と内容

榮太樓とは?

榮太樓總本鋪は、東京・日本橋に本店を構える老舗和菓子店。創業は1818年と古く、もともとは埼玉県飯能市で菓子商をしていたらしい。

江戸時代の生菓子の他、「榮太樓飴」や「缶入あんみつ」などの和菓子商品が人気だ。本店には行ったことがないが、スーパーなどで「榮太樓」の商品をよく見かける。母が「榮太樓のお汁粉が美味しい」と言うので食べてみたら、本当に美味しかった。小豆の美味しさもあるが、甘さが控えめなのが良い。これなら飽きずに何杯でも食べられる。

秋冬限定の「おしるこ」

ちなみに今回紹介する榮太樓の「おしるこ」は、公式サイトによると、秋冬限定で量販店向けに卸しているらしい。僕は近所のマルエツで買ってきた。

「小倉つぶ」と「御膳こし」の2タイプがあり、僕は「小倉つぶ」派だ。1袋(160g)の原材料名と栄養成分表示は以下のとおり。

小倉つぶ御膳こし
原材料名グラニュー糖(国内製造)、小豆(北海道産)、食塩こしあん(グラニュー糖、小豆<北海道産>)(国内製造)、グラニュー糖、生餡(小豆<北海道産>)、食塩
栄養成分表示熱量:267kcal、たんぱく質:4.2g、脂質:1.1g、炭水化物:60.0g、食塩相当量:0.2g熱量:229kcal、たんぱく質:4.0g、脂質:0.8g、炭水化物:51.4g、食塩相当量:0.2g

「小倉つぶ」の方がカロリーが高い。隠し味にちょっぴり食塩が入っているのが特徴だ。

食べたい時に食べられる

「おしるこ」もお餅も常温保存でストック出来るで、食べたい時に食べられる。週末に長距離走をやる日は、朝食がわりに「おしるこ」に切り餅を2個入れて食べている。

「おしるこ」は、パックのまま3分ほど湯煎するか、容器に出して1〜2分電子レンジにかければすぐに温まる。おすすめはしないが、実は夜食にも結構食べている。

日本古来のエナジーフード

お汁粉はカロリーが高い。今回紹介した「おしるこ 小倉つぶ」は1袋267kcal。切り餅は1個120kcalくらいなので、2個で240kcal。つまり、1杯だけで500kcalもある。

炭水化物の塊のような食べ物だが、エナジーフードとしては非常に優れている。砂糖はすぐにエネルギーに換えられる一方で、お餅は腹持ちが良い。さらに水分も合わせて摂れる。ランニング前のカロリー摂取(カーボローディング)に、これほど適した食べ物はないかもしれない。

マラソン大会当日の朝食メニューにも取り入れている。以下は「さいたま国際マラソン2019」の時の朝食だが、自己ベスト更新(ネットタイム2時間57分34秒)にも貢献してくれた。

和菓子つながりで言うと、井村屋の「スポーツようかん」もおすすめだ。こちらは携帯出来て、片手で食べられるのでランニング補給食に向いている。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

榮太樓 おしるこ」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

関連記事

#お菓子

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。