旅とグルメが最高すぎるマラソン大会:おすすめ3選を紹介

マラソン大会の楽しみは走ることだけじゃない。大会選びでは、観光やご当地グルメも重視したい。そんなランナーのために、僕の長年のマラソン遠征歴の中から、旅とグルメが最高だった大会を3つ選んで紹介する。

オホーツク産 大粒 ホタテ

我が家では、お取り寄せグルメは「ふるさと納税」をフル活用している。1番のお気に入りは、オホーツク産の冷凍大粒ホタテ。サッと一品が作れるし、良質なタンパク質が摂れる。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

日本最北端わっかない平和マラソン

まず最初に紹介したいのは、毎年9月に北海道稚内市で開催される「日本最北端わっかない平和マラソン」。

  • 毎年9月に北海道稚内市で開催(2018年初開催)
  • 種目は2km・5km・8km・フルマラソン
  • フルマラソンは日本最北端の地をめぐるコース
  • 最寄空港は「稚内空港」、最寄駅は日本最北端の駅「稚内駅」

フルマラソンのコースは、日本最北端の宗谷岬からスタートし、ノシャップ岬を経由して、稚内の観光名所「稚内港北防波堤ドーム」前でゴールする。

究極の「うに丼」

この辺りは海産物が豊富だが、特に美味しいのが生うに。しかもこのボリュームで3000円。お店はノシャップ岬にある食堂「みなとや」さん。

本当はフルマラソンの前日にナマモノを食べるのは良くないのだが、誘惑には勝てなかった。

日本最北端の地

レース当日は、稚内市内からスタート地点の宗谷岬まで大会専用の無料シャトルバスが運行する。日本一周するライダーでない限り、わざわざ宗谷岬まで行く用事はないので、マラソンのついでに日本最北端の地を観光できるのは一石二鳥だ。

以下は宗谷岬の様子。こちらでみんな必ず記念撮影をしていく。

そして、スタートの前には日本最北端の公衆トイレで用を足すことができる。これも一生の記念になるだろう。

当別スウェーデンマラソン

これまで国内外のマラソン大会に数多く参加してきたが、レース後のグルメが最強だと思ったのは、毎年8月に北海道石狩郡で開催される「当別スウェーデンマラソン」。

  • 毎年8月に北海道石狩郡当別市で開催(初開催は2018年)
  • 種目はハーフ・2km
  • 会場はスウェーデンヒルズ
  • 激坂含むアップダウンのあるコース

6種のご当地グルメ

初開催のため大会事務局も気合が入っていたのかもしれないが、とにかくグルメが大盤振舞なのには度肝を抜かれた。

レースに参加するとグルメ引換券がもらえる。こういうグルメ引換券は一人一食のものが多いが、ここでは6種類全部食べられる。

お土産もすごい

さらにお土産もすごかった。紙袋を手渡され、中身はこんなにどっさり。ただ、この後この荷物を持って最寄駅まで3kmも歩くことになるとは想像すらしなかった。

日本の中のスウェーデン

レースは、北海道石狩郡当別町にある「スウェーデンヒルズ」というエリアで開催される。この街は住宅メーカーのスウェーデンハウスが開発しており、建物や街の景観はすべて北欧スウェーデン風に統一されている。

まさに、日本の中にあるスウェーデンだ。僕は親の仕事の関係でスウェーデンに5年間住んでいたが、「スウェーデンヒルズ」のスウェーデンらしさは本物だ。

公園にはスウェーデンの夏に欠かせない「夏至柱(Midsommarstång)」もあった。

当別町は札幌から電車で30分ほどでアクセスできるため、レースの前後にもちろん札幌観光も楽しめる。

山中湖ロードレース

最後は、グルメよりも観光が最高に素晴らしかった大会を選んだ。毎年5月に山梨県の山中湖で開催される「山中湖ロードレース」だ。

  • 毎年5月に山梨県の山中湖で開催
  • 種目はハーフ・湖一周(13.6km)
  • エントリーは1月から先着順にて受付
  • スタートは山中湖村役場、ゴールは山中湖中学校
  • コースは山中湖を周回

2018年にはハーフマラソン、2019年には湖一周(13.6km)を走っている。2020年にもエントリーしていたが、コロナで中止となってしまった。

富士山

山中湖といえば、日本有数の富士山のビュースポット。天気が良ければ、湖畔の東側〜北側で富士山の雄大な姿を見ながら走れる。

山中湖をクルージング

レース中は湖畔の道路が封鎖されるため、車での通行が規制される。しかし、会場には次々とランナーが戻ってくるので、移動手段がないといけない。

そこで地元の方の協力を得て、レース当日は山中湖のボートや遊覧船が移動手段として解放される。

運賃は無料で、参加者でなくても利用できる。以下は富士山をバックにモーターボートで移動中の様子。遊覧船もいいけど、モーターボートは迫力満点。

豚汁

一応、グルメ情報も載せておこう。こちらは「山中湖ロードレース」の完走者に無料で振る舞われる豚汁。普通の豚汁だが、レースでの疲れが最高のスパイスとなる。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

オホーツク産 大粒 ホタテ

我が家では、お取り寄せグルメは「ふるさと納税」をフル活用している。1番のお気に入りは、オホーツク産の冷凍大粒ホタテ。サッと一品が作れるし、良質なタンパク質が摂れる。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >