ガーミンGPS時計を100%活用する「ガーミンコネクトモバイル」設定まとめ

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

注目記事:ガーミン「ForeAthlete 935」レビュー。マラソンでも職場でも使えるオールマイティーな時計

ガーミンGPS時計を使い始めたら、ガーミンコネクトモバイル(Garmin Connect Mobile)の設定を忘れずに。ガーミンコネクトモバイルは無料でダウンロードできて、ガーミンGPS時計をフル活用するための機能が満載。

ガーミンコネクトモバイルのインストール方法はこちら:ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」の設定まとめ 

走った直後に走行データ(地図・タイム)を確認する

ガーミンコネクトモバイルがあれば、ガーミンGPS時計で計測した走行データを走った直後にスマホで確認できます。まずは、ガーミンGPS時計をガーミンコネクトモバイルに同期しましょう。設定方法は以下のページで解説しています。

ガーミンGPS時計とガーミンコネクトモバイルは、Bluetoothでデータの受け渡しを行うので、両方でBluetooth設定をONにする必要があります。基本的に、ガーミンGPS時計とスマホが起動中であれば、自動的にBluetooth接続が開始され、データの送受信が行われます。

接続が開始すると、ガーミンコネクトモバイルに表示されるガーミンGPS時計に緑のマークが表示されます。また「設定」>「Garminディバイス」からガーミンGPS時計の設定やデータの送受信状況が確認できます。

1分以上待っても接続できない場合は、ガーミンGPS時計の「設定」>「Bluetooth」>「ステータス」をいったんOFFにしてからONに戻し、「ペアリング」を選択してみましょう。

アプリの起動画面に、デフォルトで走行データを表示する

ガーミンコネクトのモバイルアプリを開くと、デフォルトで「マイデイ」が表示されます。ここにランニングの走行データだけを表示したい場合は、右上のタブをクリックし、スナップショットの選択ページで「ランニング」だけにチェックを入れます。

アプリのトップページ(起動画面)に戻ると、最新の走行データが表示されます。

プライバシー設定を変更する

ガーミンコネクトモバイルの「設定」から「プロフィールとプライバシー」を選びます。以下の公開レベルを「自分」「マイコネクション(友達)」「マイグループとマイコネクション」「全員」の4段階で設定できます。

  • プロフィールの閲覧 → 個人情報(年齢性別など、登録した情報)
  • アクティビティの閲覧 → 走行データ(タイム、距離、地図など)

さらに「プライバシー設定」をタップすると、個人情報や自己記録などの統計データの公開設定ができます。たとえば、自己記録は公開してもいいけど、個人情報は嫌だ、という人は、公開したい項目だけにチェックを入れてください。

練習・レース日誌として使う

走行データには、テキストメモを保存する機能があるので、ぼくは練習日誌として活用しています。「すべてのアクティビティ」をタップし、編集したいアクティビティを選びます。選択した走行データが表示されるので、右上のメニューから「アクティビティの編集」をタップしましょう。

アクティビティの編集画面の「メモ」をタップすると、テキスト入力ができます。走行距離やタイム、天気、(ガーミン時計の機種によっては)心拍数などのデータは自動的に集計されるので、それ以外の情報をぼくは練習・レース日誌としてメモするようにしています。

レースの場合は「これはレースです」にチェックを入れましょう。レースなどは、当時の精神状態、給水・エイドを摂ったタイミング、疲れが出始めたポイントなどを詳細に書いておくと、後々便利ですよ。

ランニングシューズを登録して「替え時」を知らせる

左上メニューから「ギア」を選びます。ギアを追加する「+」をタップし、シューズの情報を入力します。「自動的に追加」でランニングにチェックを入れると、ガーミン時計でランニングを計測するたびに、シューズの記録が残ります。

登録が完了すると、最大距離に対してのシューズの走行距離が表示されます。設定した最大距離を超えると、メッセージでお知らせしてくれます。

LiveTrack機能でランニングを実況中継する

これはガーミンGPS時計とガーミンコネクトモバイルの連携をフルに活かした機能です。自分がいま走っている場所を、メールやSNSなどを通じて家族や友達にシェアできる機能です。走行場所、スピード、距離がリアルタイムで更新されるので、いわば自分だけの実況中継です。

設定はとっても簡単。

ガーミンコネクトモバイルで「設定」>「LiveTrack」を選択し、まずは実況中継の設定をします。セッション名はわかりやすい名前に編集しましょう。次にWEBリンクの共有先を選びます。メールで送る場合は、メールアドレスを複数登録できますFacebook、Twitterのタイムラインで共有する場合は、アカウント連携が求められます。

ここでは、メールとTwitterで共有することにします。

「LiveTrackを開始」をタップすると、ガーミンコネクトモバイルでの設定は完了です。あとは、ガーミンGPS時計のタイマーをONにすれば、実況中継が始まります。

登録したメールアドレスにもWEBリンクが送られてきました。

おすすめガーミンGPS時計

アマゾンで最新価格とレビューをチェックする

B!

同じカテゴリの記事

【保存版】ガーミンForeAthleteのオンラインマニュアル一覧

知らなきゃ損!ガーミンGPSウォッチで「インターバル走」を簡単に記録する方法

Garmin」の記事一覧へ ▶︎