どうも!マラソンブロガーのtomo.です。

米 Garmin社は2018年1月31日、優れた Connect IQアプリを制作した開発者に贈られる「Connect IQ 開発者アワード」の候補を発表しました。

関連2017 Connect IQ Developer Award Nominees(英語)

Connect IQは Garmin GPSウォッチを使ってい方なら誰でも無料で使える機能。すでに使っている方も、まだ使っていない方も、候補リストを流し読みするだけで「GPSウォッチでこんな便利なことができちゃうの!?」と新たな発見につながると思います。

個人的には「テトリス」のゲームが一番気に入りました!相棒の Garmin ForeAthlete 935でゲームが遊べるとは思いもしなかった。

Connect IQアプリとは?

Connect IQアプリとは、Garmin端末にインストールできるアプリ、いわゆる拡張機能です。

日本でも多くのランナーが身につけている Garmin GPSウォッチには、走行距離やタイム、心拍数などを記録する基本機能が付いています。Connect IQアプリは基本機能に追加するかたちで、様々な拡張機能がインストールできます。わかりやすく言うと、スマートフォンでアプリをインストールするようなもの。

Connect IQアプリを使えば、Garmin GPSウォッチの時計デザインを変えたり、ゲームで遊んだりもできるんです。

Connect IQアプリは、こちらからダウンロードできます。

2017年開発者アワード 候補一覧

候補は5つの部門に分かれています。アプリの大半は米国で作られたものですが、日本でも利用できます。ただ、日本語化されていないものもあります。

ウォッチフェイス (Watch Face)部門

ウォッチフェイスとは、Garmin GPSウォッチの待受画面。時計のデザインだけでなく、表示させたい情報を常に表示することもできます。

  • My Watch – 時計や歩数、心拍数から、日出・日没時間や月の満ち欠けなどマニアックな情報まで、すべてひとつの画面で表示できます
  • Electricity Meter Watchface – 電気メーターをあしらった時計デザイン
  • My Day 24 – 一日のアクティビティが待受画面で俯瞰できる
  • Ranger – 見やすさ重視のミニマルな時計デザイン
  • Christmas Theme – クリスマス仕様の時計デザイン

ウェアラブルスマートアプリ(Wearable Smart App)部門

ウェアラブルスマートアプリは、Garmin端末のスマートウォッチ機能。

ウェアラブルフィットネスアプリ(Wearable Fitness App)部門

ウェアラブルフィットネスアプリは、トレーニングやワークアウトに役立つ機能。

エッジアプリ(Edge App)部門

エッジアプリは、サイクリング用のGarmin端末で作動するアプリ。ランナーには関係ありません。

ゲーム(Game)部門

最近人気急上昇の部門。GPSウォッチでゲームなんて、と思わずに、一度試してみてはいかがでしょう?

2017年開発者アワード 最優秀賞

最優秀賞は、2018年4月に開催される「Connect IQ Developer Summit」で発表となります。

後日、アップデートします。

個人的に気に入ったのは「テトリス」

まさか相棒の Garmin ForeAthlete 935でゲームが遊べるとは!ちょっとした待ち時間を有効活用できそう。

この記事を読んで走りたくなったら

Garmin Connect IQ 開発者アワード 発表。GPSウォッチであの「テトリス」が遊べる!」を最後までお読みいただき有難うございます。

この記事を読んで「ちょっと走ってみようかな」「なんか走りたくなってきたな」と思ったら、シェアいただけると嬉しいです!