どうも!マラソンブロガーのtomo.です。

ガーミンの非接触型決済サービス「ガーミンペイ」が日本でも使えるようになります。カードは三菱UFJ-VISAデビット、端末は3機種とユーザ層はかなり限定されますが、順次拡大するとのこと。

ついに日本にも来ますね、ガーミンペイ。

2018年5月17日のプレスリリースより

GPSウォッチのリーディングメーカーのガーミンジャパン株式会社(本社:埼玉県富士見市、以下 GARMIN)と、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、以下Visa)は、5月28日(月)より一部のGARMINウォッチで、国際標準規格のNFC*1による非接触決済(以下、Visaのタッチ決済)を利用した「Garmin Pay」サービスを開始いたします。Visaのタッチ決済対応のウェアラブルデバイスは、今回のGARMINウォッチが日本初となります。なお、本サービスは「Visaトークンサービス*2」を決済技術として使用しております。

2018年5月28日のサービス開始時は「三菱UFJ-VISAデビット」カードのみ対応。対応端末も3機種に限られるので、ユーザ層はかなり限定されます。

本サービス開始にともない、「Garmin Pay」は株式会社三菱UFJ銀行が発行する三菱UFJ-VISAデビットをお持ちのお客様のご利用が可能となります。本サービスに対応するGARMINウォッチは、vívoactive® 3と5月24日発売のForeAthelete 645/ ForeAthelete 645 Musicで、今後対応製品を順次拡大していく予定です。

音楽プレーヤー内蔵型の「ForeAthelete 645 Music」があれば、スマホがなくてもランニング中に音楽を聴いたり、買い物をしたりできるようになります。

Garmin Payとは?

Garmin Pay(ガーミンペイ)は、米 Garmin社が開発した非接触型決済サービス。Apple WatchでApple Payが使えるように、対象の Garmin GPSウォッチでGarmin Payが使えます。

Garmin Payの対応機種

2018年5月の時点で Garmin Payは、vívoactive 3Forerunner 645Forerunner 645 Musicの3機種のみ対応しています。

参照:Garmin Pay対応機種(英語)

Garmin Payの使い方

Garmin公式ページ(米国)に、Garmin Payの使い方をまとめた動画がありました。

以下はクレジットカードの登録と Garmin Payの利用の主な流れです。

Garmin Connect アプリに Garmin Payg対応機種を接続し、Garmin Payを選択。

4桁のPINを入力。Garmin Payを利用するたびにPINが求められる。

Garmin Connectアプリでクレジットカード情報を登録。

Garmin Connectの設定はここまで。次に、Garmin GPSのメニューから Garmin Payを選択。

Garmin Connectで登録した4桁のPINを入力して認証。

Garmin GPSウォッチをお店の端末に近づけて支払いを完了。

この記事を読んで走りたくなったら

Garmin Pay(ガーミンペイ)がついに日本上陸!手ぶらでランニングが可能に」を最後までお読みいただき有難うございます。

この記事を読んで「ちょっと走ってみようかな」「なんか走りたくなってきたな」と思ったら、シェアいただけると嬉しいです!