【ガーミン時計】記録→ストラバに自動で同期する方法

更新:

【ガーミン時計】記録→ストラバに自動で同期する方法

連携のしくみ

GARMIN GPSウォッチで記録したアクティビティは、Bluetooth を介して Garmin Connectアプリにアップロードされます。

一度連携してしまえば、Garmin Connectにアップロードされたアクティビティが自動的に STRAVAにも同期されるようになります。

ここでは、Garmin Connectは Garmin GPSウォッチと STRAVAをつなぐ中継基地の役割を担っているわけです。

準備するもの

すでに GARMIN GPSウォッチとスマートフォンの Garmin Connectが 同期済みであることを前提に説明します。

  • Garmin Connectアプリと STRAVAアプリがインストールされたスマートフォン
  • GARMIN GPSウォッチ(ここでは ForeAthlete 935を使用)

STRAVAの設定

それでは、STRAVAアプリを開いて、STRAVAアカウントを GARMINアカウントに連携させましょう。

iPhone もっと>設定>アプリケーション、サービス、ディバイス
Android メニュー(左上)>設定>他サービスへリンク

設定画面から「GARMIN」を選びます。

Garmin Connectnのアカウント情報(メールアドレスとパスワード)を入力し、利用規約に同意します。接続が完了すると、設定画面に「GARMIN」と表示されます。

なお、STRAVAと GARMINの連携を解除したい場合は、このページから「GARMIN」を削除できます。

アクティビティの同期を確認

連携が完了したら、あとは GARMIN GPSウォッチでアクティビティを記録するだけです。

  1. GARMIN GPSウォッチでアクティビティを保存
  2. Garmin Connectへ自動でアップロード
  3. Garmin Connectから STRAVAヘ自動で転送
  4. STRAVAでアクティビティを確認

これらをすべて自動でやってくれるので、GARMIN GPSウォッチを保存してから5〜10秒後には、スマートフォンの STRAVAアプリでアクティビティが確認できるようになります!

この記事をシェアする

この記事が気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです。

運営者「とも」について

マラソンがライフワーク。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。非エリート系プロランナーを目指しています。 ⇒ 詳細プロフィールへ

以下アカウントでも活動を発信中。フォロー・登録いただけると嬉しいです。

tomo.run

当ブログに関するお問い合わせはこちら

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧