どうも!マラソンブロガーのtomo.です。

夏休み最終日の今日は30度を超える真夏日。こういう暑い日は短時間・高負荷のトレーニングでがおすすめです。近所の坂道でインターバル走を5本こなし、サクッと30分で完了。

今回は Garmin GPSウォッチ(ForeAthlete 935)を使ってインターバル走のラップタイムを記録してみました。

インターバル走は通常の走り方とは異なり、全力疾走と回復(休憩)を何度も繰り返すのが特徴です。Garminの「ワークアウト」という機能を使えば、インターバル走のトレーニングメニューを組むことはできますが、事前の設定に結構手間取るんですよね…。

そこで、ワークアウトを使わずにGarmin GPSウォッチのボタン操作だけでインターバル走を記録する方法をご紹介します。

Garmin GPSウォッチでの操作

Garmin GPSウォッチで記録するのはインターバル走の「全力疾走」の部分のみ。ここでは「回復」の時間は記録しません。

操作の非常に簡単。

  1. スタートボタンを押して1本目を全力疾走します。走り終わると再度スタートボタンを押して一時停止します(写真左)
  2. 回復している間に、操作メニューをスクロールして「ラップ」を選択(写真中央)。すると「ラップ1」として記録されます(写真右)
  3. 回復が終わったら「再開」を押して2本目を全力疾走します

以上の操作を繰り返し、最後はアクティビティを「保存」して終了します。

今回はインターバルを5本走ったので、全部で5つのラップが記録されました。それでは、アクティビティの中身を Garmin Connectで確認してみましょう。

Garmin Connectでインターバル走を確認

ここではスマートフォンのアプリを使って解説します。アクティビティのページで、ラップのタブ(楕円形の矢印マーク)を開きます。通常であれば、1キロ毎のラップが表示されるのですが、ここではインターバル走のラップが表示されています。

走行距離は210メートル前後、平均ペースは3分05秒/km。最速ペースは5本目の2分48秒/km、最遅ペースは2本目の3分14秒/km。

グラフでも表示できます(スマホ横画面で表示しています)。

2〜4本目は、全力疾走の後半で失速しているのがわかります。5本目は気合いを入れて走り、後半からペースアップしています。

オーバーレイでもっと細かく分析

さらに、オーバーレイという機能を使って、上のグラフに心拍数、ケイデンス、高度、気温などが追加できます。

以下は心拍数をオーバーレイしたグラフ。面白いことに3本目の全力疾走で心拍数が急激に上がり、最高心拍数の142まで達し、以降安定した様子を見せています。

以下は高度をオーバーレイしたグラフ。

今回は坂道インターバルだったので、全力疾走している間は高度が上がっています(本数を増す毎に高度が相対的に若干下がっているのは計測誤差かと)。

先ほど2〜4本目では全力疾走の後半でペースダウンしていると指摘しましたが、高度が上がっているので自然なペースダウンと言えるでしょう。

インターバル走でここまで細かく分析ができるのは Gamin GPSウォッチならではの特徴ですよね。

デメリットとしては、全力疾走しか記録できないのが残念ですね。回復中のジョギングやウォームアップ、クールダウンもトータルで記録したければ、ワークアウト機能を使う必要があります。

ワークアウトは便利だけと手間がかかる

Garmin Connectのワークアウト機能を使えば、事前にインターバル走のトレーニングメニューを作成し、Garmin GPSウォッチでワークアウトを実行・記録ができます。これならアクティビティ全体の計測ができるので便利です。

反面、事前のワークアウト設定に手間取りますし、「距離」や「時間」で正確に区切るのが難しい場合は使いづらいと言えます。

さいごに、余談ですが

以上、Garmin GPSウォッチのボタン操作だけで「インターバル走」を記録する方法を紹介しました。何となく全力疾走しているインターバル走も、ペースや心拍数の推移を分析することで、より賢く、効率的に心肺を鍛えると思います。

この記事を読んで走りたくなったら

Garmin GPSウォッチのボタン操作だけで「インターバル走」を記録する方法」を最後までお読みいただき有難うございます。

この記事を読んで「ちょっと走ってみようかな」「なんか走りたくなってきたな」と思ったら、シェアいただけると嬉しいです!