読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

Gatorade Energy Chews レビュー:グミタイプのエネルギー補給食

▶︎ #ランニング補給#エナジーグミ

Gatorade(ゲータレード)のエネルギー補給ができるソフトグミ「Energy Chews(エナジーチュウ)」を紹介する。38gで120kcal。4個入りなので小分けにして食べらる。

この記事の目次

グミタイプのエネルギー補給食

Gatoradeは、アメリカに本社を置くスポーツ飲料の世界最大手企業。日本ではあまり馴染みがないが、欧米では「Gatorade」はスポーツドリンクの代名詞にもなっているほど浸透している。昨年参加した「ニューヨークシティマラソン2019」のエキスポ会場で巨大な出展ブースを構えていた。

そこで見つけたのが、今回紹介する「Energy Chews」。Chewsは英語で「噛む」の意味。スポーツドリンクやエナジージェルのように飲むのではなく、噛んでエネルギー補給するソフトグミだ。

こちらがソフトグミ。このサイズで、30kcal分のエネルギーが補給できる。小さくて、柔らかく、食べやすいのが特徴。

小分けにして食べられる

1袋の重さはわずか38g。この中にソフトグミが4個入っている。4個で120kcalなので、1個あたり30kcalだ。ランニング直前、または最中に食べることを推奨している。

カロリーだけでなく、ナトリウムやカリウムなどのミネラルも一緒に補給できる。

こんな感じで小分けにして食べられる。エナジージェルだと、一度開封したら全部飲み干さないとだが、ソフトグミなら1個ずつ食べられるので、自分の好きなペースでエネルギー補給ができる。

Gatorade Energy Chewsの評価

今回は「フルーツポンチ」味を食べてみたが、食感はグミなのにサクサク食べられる。そのまま食べても喉に詰まらないが、水分と一緒に食べるのがおすすめ。

固形なので指でつまみやすく、食べやすいのが良い。触っても指がベタベタしない。

この記事で紹介したモノ

Gatorade Energy Chews

関連記事

モルテン GEL100 レビュー:キプチョゲ御用達のエナジージェル

GU ENERGY CHEWSレビュー:1粒20kcal補給できるソフトグミ

CLIF Energy Chews レビュー:アメリカ発のソフトグミ補給食

#エナジーグミ

ピックアップ

ヴァームとスーパーヴァームの違いを徹底比較

自己紹介:マラソンブロガーの誕生秘話と主な活動内容

ペガサス 38 レビュー:サイズ26.0cm、重さ265g

ウルトラスポーツ 反射アームバンド レビュー:3M製の高性能リフレクター

fenix 6Xレビュー:ガーミンウォッチの最高峰モデル

【2022年最新】ランニング日誌:ランナーズ・クリールの付録を徹底比較

最新記事

体成分分析「Inbody」を体験して分かったこと

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ:発熱するニット帽

10.0kmラン:52 Go to by Mizuno 2022.1.14

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画