【レビュー】味もサイズもメジャーリーグ級?アメリカの「プロテインバー」食べ比べ

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

シアトル出張1日目。18時にオフィスを後にし、宿泊先のホテルへ向かう途中、高級スーパー「QFC」で食材を調達。スポーツドリンクのコーナーでGetorade(ゲータレード)を手に取ろうしたその瞬間、、、

WHEY PROTEIN BAR」と書かれたエナジーバーが目に留まりました。

あの全米No.1スポーツドリンクのGetoradeが作ったエナジーバーで、しかもホエイ・プロテイン入り??興味本位でチョコチップ味とチョコキャラメル味を購入しました。ついでに普通のエナジーバー「FUEL BAR」のオートミール・レーズン味とチョコチップ味も買ってみました。

以下、試食タイム。

WHEY PROTEIN BAR チョコチップ味

トップバッターは、ホエイ・プロテインが20グラム入ったチョコチップ味。手に取ると結構ずっしりしています。中はサクサク素材にチョコチップが紛れ込んでおり、外側が分厚いチョコレートでコーティングされています。

一口食べてみると、「硬いっっ!」。しかもアメリカンなビッグサイズということで、顎の筋肉を使って咀嚼します。

味の方は、まあ不味くないという感じです。口に入れた瞬間、ホエイ・プロテイン独特の風味が口の中に広がります。日本で人気の「ザバス ホエイプロテイン」のココア味に近いですね。

さらにパッケージを見ると、メジャーリーグのロゴを発見。なんとGetoradeの「WHEY PROTEIN BAR」は、

  • メジャーリーグ・ベースボール
  • ナショナル・バスケットボール
  • ナショナル・フットボール
  • ナショナル・ホッケー・リーグ

の公式「プロテインバー」提供者に指定されているとのこと。アメリカの国民的スポーツをがっつり抑えていますね。

ちなみにこれ一本で360カロリー、脂質12グラム、炭水化物41グラム。

WHEY PROTEIN BAR チョコキャラメル味

次は、同じくホエイ・プロテインが20グラム入ったチョコキャラメル味。パッケージを開けた瞬間、キャラメルの濃厚な香りがプーンと鼻につきます。オヤツとして食べるのはいいでしょうが、マラソン走った直後にこの甘ったるさに耐えられるのかは疑問。

ファーストバイトは、硬いかなと思いきや、期待を裏切る柔らかさ!!キャラメルのグニャッとした食感がなんとも言えません。

これ一本で340カロリー、脂質10グラム、炭水化物43グラム。

FUEL BAR チョコチップ味

ここで変化球。Getoradeの普通のエナジーバー「FUEL BAR」シリーズも試食してみます。サイズは「WHEY PROTEIN BAR」よりもひと回り小さく、日本人の手のひらにも馴染みます。

まずはチョコチップ味を試食。見た目はシリアルバーと同じで、チョコチップが混ぜ込んであります。サクサクとした食感と、甘すぎない味で、丸々一本平らげてしまいました。これはイケる!

これ一本で220カロリー、脂質3.5グラム、炭水化物45グラム、プロテイン5グラム。

FUEL BAR オートミール・レーズン味

最後は、オートミール・レーズン味。これは正直、甘ったるくて不味かったです。これ以上コメントは控えたいと思います。

ちなみにこれ一本で220カロリー、脂質3.5グラム、炭水化物45グラム、プロテイン5グラム。

ということで、後味の悪い試食タイムとなりました。。

まとめ

以上、Getorade社が発売しているプロテインバーとエナジーバーを食べ比べて見ました。個人的には「WHEY PROTEIN BAR」も「FUEL BAR」もチョコチップ味が好みでした。

なお、余談ですが、この記事を現地時間の午前3時に書いています。22時頃に寝付いて、2時に目が覚めてしまいました。いわゆる時差ボケというやつです。それでちょうどお腹が減っていたので、プロテインバーとエナジーバーを買っておいてよかった(笑)。

関連記事アメリカのスポーツドリンク飲み比べ。トレンドはオーガニック志向?

B!

同じカテゴリの記事

【レビュー】ギュッと押すだけでエネルギー補給!井村屋の「スポーツようかん」を食べてみた

【レビュー】Patagoniaの「ストーム・レーサー・ジャケット」の防水性能を雨ランで検証してみた

体感レビュー」の記事一覧へ ▶︎