2017年抱負。世界6大マラソン出場、サブ3.5など

目標

まだ少し早いですが、ランニング関する来年の抱負をまとめました。

世界6大マラソン出場

世界6大マラソン(別名:ワールドマラソンメジャーズ)の6大会すべてを完走すると「Six Star Finishers」という称号が贈られます。ぼくも今後5年以内に「Six Star Finishers」を獲得すべく、2017年は少なくとも1大会には出場したいです。

東京(2月)、ボストン(4月)、ロンドン(4月)、ベルリン(9月)はすでにエントリーが締め切られているので、今のところシカゴ(10月)ニューヨーク(11月)が候補です。両方とも人気が高く、抽選制なので、エントリーしても出場できる保証はありません。シカゴは先日エントリー済み、ニューヨークは2017年1月17日からエントリー受付が始まります。

関連記事:世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう

中山道530キロ全コース完走

今年の8月に東京の日本橋を発ち、休みの日に日帰り旅ランをコツコツやって、今のところ熊谷宿(66キロ)まで来ています。年内には高崎宿(110キロ)まで行きたいところ。

2017年は、1泊2日やできれば2泊3日の計画を立てて、ペースを上げて行く予定です。群馬県、長野県、岐阜県、滋賀県を通り、寒くらないうちに京都にたどり着くのが理想。まだまだ道のりは長い!

東京~京都530キロ「中山道」を走って旅しています

フルマラソン サブ3.5

今年は、フルマラソン自己最高記録を3分弱縮めることができました。2017年は、あと5分以上縮めて3時間30分を切り、「サブ3.5」ランナーの仲間入りをしたいですね。

ただし、タイムだけを追い求めていると楽しく走れなくなるので、自己最高記録を狙うのは、11月の「さいたま国際マラソン」だけにします。あとは、ベースの脚力や体力をつけるべく、国内外のフルマラソンに積極的に参加したいと思います。

 【さいたま国際マラソン2016】大会レポート:フル自己最高記録を更新!

筋力トレーニング

これからひとつ上のランニングを目指すには、今までと違うトレーニング方法が求められます。自分に足りてないと感じるのが上半身の筋力。特に腹筋と背筋は、スピードランニングでも長距離走でも重要ですね。走行中に疲労のピークを迎えると、自分の腹筋・背筋の弱さを実感します。

マラソン大会ボランティア

マラソン大会ではいつもボランティアの皆さまにお世話になりっぱなしなので、一度くらいは大会運営をサポートするボランティアを経験してみたいです。

この記事をシェアする

よく読まれている記事

  1. ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ
  2. 【2017年版】海外の人気マラソン大会まとめ:憧れのレースに出場するための第一歩
  3. シューズで二股かけるなら、アシックス「DynaFlyte(ダイナフライト)」がおすすめ
  4. 世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう
  5. レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について