ランナーの花粉症対策は「鼻の穴にワセリンを塗る」がおすすめ

花粉症が辛いけど、マスクはしたくないし、薬にも頼りたくない…。そんな「花粉症ランナー」におすすめなのが、鼻の穴にワセリンを塗ってアレルゲンを防ぐ方法。イギリスのNHS(国民保健サービス)も推奨しています。

この記事では、花粉症対策にワセリンを鼻の穴に塗る方法を紹介します。

花粉症ランナーの悩み

ランニング中にできる最も簡単な花粉症対策は、マスクを着用すること。でも、呼吸がままならず、かなりしんどいです。「高地トレーニングの代わりになる」という人もいますが、僕には無理でした。

また、見た目も怪しげですよね。僕はスポーツメガネとランニングキャップを着用して走りますが、これにマスクが加わると不審者にしか見えません…。

マスクをしないのであれば、抗アレルギー薬に頼る方法もあります。僕の花粉症はそこまで重症でないので、薬を飲めばマスクをしなくても大丈夫。でも、日中に眠くなるという副作用がありますし、できれば薬は飲みたくない。

発想を変えて、屋内で走ることもできますが、僕はトレッドミルが大の苦手なんです。

の穴にワセリンを塗る

というわけで、毎年春シーズンは、ノーガードで屋外を走りながら、スギ花粉に苦しんでいます。

そんな中、たまたまNHK番組「ガッテン!」を観ていたら、「ワセリンを鼻の穴の中に塗る」という古典的な花粉症対策を紹介していました。

実は、この鼻の穴にワセリンを塗る方法、イギリスでは普通に行われている花粉症対策らしいですね。NHS(国民保険サービス)の公式サイトでは、自分でできる花粉症対策の第一項目にも書いてありました。

スギ花粉の飛散量がピークを迎える3〜4月は、マラソンシーズンの真っ只中。花粉症で苦しむランナーは、鼻の穴にワセリンを塗って走ってみてはいかがでしょう。

まとめ

以上、花粉症対策にワセリンを使う方法を紹介しました。

花粉症が辛いけど、マスクはしたくないし、薬にも頼りたくない…。そんな「花粉症ランナー」におすすめなのが、鼻の穴にワセリンを塗ってアレルゲンを防ぐ方法。イギリスのNHS(国民保健サービス)も推奨しています。

ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー 200g