ポーラ・ラドクリフの格言を実行するために「アミノバイタル」を箱買いしてみた

体調・メンタル

ロングランの後は、これまで「ザバス ホエイプロテイン100 ココア味」を飲んで疲れた身体を労ってきました。ココア味で不味くはないのですが、水で溶かして作るのが面倒臭くて、飲み忘れることも多々ありました。

ランニングの後の栄養補給って、すごく大事なんです。女子マラソン世界記録保持者のポーラ・ラドクリフは、著書『HOW TO RUN』でトレーニング後の30分以内が勝負だと言います。

私が必ず守っているのは、トレーニング後20~30分以内に、水分、炭水化物、タンパク質を補給すること。できるだけ効率的に、燃料を筋肉のグリコーゲンと免疫システムのサポートに使うためには、この時間帯が最適なのです。

うーん、格言ですな。とりあえず栄養補給を忘れない仕組みを作らねば。

「アミノバイタル」を箱買い

他に良いものはないなーと思っていたところ、ランニングイベントで「アミノバイタル」のスティックタイプをサンプルでもらったので飲んでみました。クセのない味で飲みやすくて、何よりも口に入れて水を飲むだけというのが気に入りました。

早速アマゾンでアミノバイタル 30本入箱を購入。

ぼくが買った時は、30本りで2,268円ということは、1本あたり76円。毎週水曜日の通勤ランと週末のロングランの後に飲めば、1週間あたり150円。ペットボトル飲料1本分と思えば安いものです。しばらく飲み続けて様子みてみます。

ぼくが買ったのはアミノ酸が2,200グラム配合されているタイプですが、3,600グラム配合されているアミノバイタル プロ 30本入箱もあります。よくマラソン大会の会場で見かけます。こちらはレース用にいいかも。

ちなみに、ふるさと納税の返礼品で「アミノバイタル」をもらうこともできます。

関連記事:ランナーに朗報!「ふるさと納税」でアミノバイタル、エプソンGPS時計、ザバスなどが貰える

アマゾンで「アミノバイタル」の最新価格とレビューをチェック

この記事をシェアする

よく読まれている記事

  1. ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ
  2. 【2017年版】海外の人気マラソン大会まとめ:憧れのレースに出場するための第一歩
  3. シューズで二股かけるなら、アシックス「DynaFlyte(ダイナフライト)」がおすすめ
  4. 世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう
  5. レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について