ランナーが得する時代!米保険会社「1kmを5分で走れる人は、保険料が安くなります」

更新:

ランナーが得する時代!米保険会社「1kmを5分で走れる人は、保険料が安くなります」

アメリカ滞在中にこんなオンライン広告を何度か目にしました。

Can you run an 8 minutes mile? You can save money on insurance – Health I.Q.

▼Facebookの動画広告

「1マイルを8分で走れる人は、保険料が安くなります」という内容です。1マイルは 1.6kmなので、日本の単位に換算すると「1kmを5分で走れる人は、保険料が安くなります」。ランナーなら誰しもクリックしてみたくなりますよね。

広告を提供している Health I.Q.社は健康志向の高い人をターゲットに保険サービスを提供する企業。ウェブサイトをざっと読んでみましたが、要するにランニングする人は死亡・疾患のリスクが低いので保険料を安くできるという内容でした。

  • ランナーは死亡率が30%低く、心臓疾患による死亡率が45%低い
  • 年2回マラソンを走る人は糖尿病疾患になるリスクが87%低い
  • 年2回マラソンを走る人は高血圧になるリスクが41%低い

比較対象がわかりづらくてツッコミどころはありますが、ランナーは普通の人に比べて健康だだから保険料が安くできるという理屈はわからなくもありません。

日本でも住友生命ソフトバンクが運動データに基づいて保険料を安くする仕組みを検討していますね。現時点(2018年2月)ではまだ商品化されていないようですが。

住友生命保険は21日、ソフトバンクなどと契約者の健康増進を後押しする保険の開発で提携した。運動や食生活など健康への取り組みを点数化。高評価だと翌年以降の保険料が安くなるほか、提携先の店舗やホテルで優待を受けられる。2018年の商品化をめざす。ソフトバンクの情報通信技術で歩数などの運動データを収集。健康への取り組みと成果で加入者を5つ程度に分け、最上位のグループに入ると翌年以降の保険料が最大3割前後安くなる。逆に下位のグループだと保険料が上がるという。

日経電子版:住友生命・ソフトバンク、保険開発で提携発表

Apple Watchや Garminウォッチなどのウェアラブル端末がもっと普及すればこういうサービスが増えてきそう。ウェアラブル端末メーカーと保険会社がタイアップして、端末と保険の「セット割引」とかあればいいな。

この記事をシェアする

この記事が気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

運営者「とも」について

マラソンがライフワーク。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。非エリート系プロランナーを目指しています。 ⇒ 詳細プロフィールへ

以下アカウントでも活動を発信中。フォロー・登録いただけると嬉しいです。

tomo.run

当ブログに関するお問い合わせはこちら

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧