埼玉で熊手を買うなら、大宮氷川神社「十日市」がおすすめ

さいタメ

今日は夕方4時から大宮氷川神社と参道周辺を走ってきました。お目当ては、毎年12月10日に開催される「十日市」と呼ばれる酉の市です。氷川神社は、JR大宮駅から歩くには遠く、車で行くと交通規制で渋滞します。こういう時こそ、走っていくのが一番楽ですね。

毎年10日に開催されるから「十日市」

十日市は、武蔵一宮氷川神社で行われる”大湯祭(だいとうさい)”に合わせて開催される酉の市です。神社境内や参道周辺に、縁起物の熊手や食べ物などの露店が約1,000店ほど立ち並び、福を望む多くの人々で夜遅くまで賑わいます。

十日市 | さいたま観光国際協会

埼玉では結構有名なお祭りみたいですね。こちらに移り住んで2度目の冬を迎えますが「十日市」に行くには今回が初めて。

地元フリーペーパー「リビングさいたま」を読んでいて知りました。ぼくにとっては地元の貴重な情報源です。

氷川参道沿いの屋台

午後4時半ごろ、氷川参道入口に到着。すでに薄暗くなってきました。

氷川参道入口から2つ目の信号を渡ると、氷川神社までずーと屋台が軒を連ねていました。とても走れる状態じゃありません。

七味唐辛子の屋台。おじいさんの話が上手くて、ついつい聴き入ってしまいました。

氷川神社の鳥居が見えてきました。もう真っ暗ですね。

熊手のオンパレード

氷川神社の境内では、熊手市が開催されていました。星空の下に光り輝く熊手市。これは昼間ではなく、夜に来て正解でした。

ひときわ目立っていたのが「宇都宮こぼり」さん。一番上の熊手は、いったいおいくらなんでしょうか。基本的にみなさん値段は書いていないようです。縁起物なので、値引いてもらうのも気が引けそうです。

これで終わりかと思ったら、、まだまだ続きます。これはスケールの大きい熊手市ですね。恐れ入りました!氷川神社の前まで続いていました。

氷川神社に白提灯を発見。「JR大宮駅」がかなり目立っています。「大宮駅はいったいいくら出したんだろうね」という声が後ろから聞こえてきました(笑)。

氷川神社。昼間とは違った表情が伺えます。

以上、大宮氷川神社で毎年12月10日に開催される「十日市」の様子を紹介しました。来年は家族と一緒に来て、ひとつ買ってみたいと思います。

関連記事:埼玉随一のパワースポット「大宮氷川神社」で参道ラン

この記事をシェアする

よく読まれている記事

  1. ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ
  2. 【2017年版】海外の人気マラソン大会まとめ:憧れのレースに出場するための第一歩
  3. シューズで二股かけるなら、アシックス「DynaFlyte(ダイナフライト)」がおすすめ
  4. 世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう
  5. レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について