埼玉随一のパワースポット「大宮氷川神社」で参道ラン

さいタメ

今日は、自宅から「大宮氷川神社」まで往復10キロを走ってきました。今の時期、氷川神社は七五三詣で大変込み合います。今年は下の娘が3歳なので、氷川神社でお世話になる予定です。なので下見を兼ねて、氷川神社を散策してきました。

大宮氷川神社

全国に数百ある「氷川神社」の総本社、大宮氷川神社。正式名称は「武蔵一宮 氷川神社」。埼玉県随一のパワースポットとして地元住民に愛され、2016年の初詣人出ランキングでは全国で8位にランクインしました(正月三が日で210万人)。

2000年以上の歴史をもつといわれ、大いなる宮居として大宮の地名の由来にもなった日本でも指折りの古社。武蔵一宮として関東一円の信仰を集め、初詣には多くの参拝客で賑わいます。 氷川神社名の社は大宮を中心に、埼玉県および東京都下、神奈川県下におよびその数は280数社を数えます。(武蔵一宮 氷川神社公式サイトより)

氷川参道

氷川神社は、JR大宮駅から歩いて30分ほどのところにあります。最寄り駅は東武野田線の北大宮駅。時間に余裕があれば、さいたま新都心付近から伸びる氷川参道からアプローチするのがおすすめです。

こちらが、氷川参道の入口。旧中山道(県道164号線)から斜めに伸びています。ここは「さいたま国際マラソン」のコースの一部なので、左に振り返れば赤い鳥居が見えますよ。

参道口からは一方通行の車道と歩道の細い道が続きます。

ここは地元住民に人気の散歩コースです。朝晩はジョギングや犬の散歩を楽しむ人たちで賑わいます。いわゆる「参道ラン」ってやつですね。

参道口から氷川神社までは、道路を3度横断します。これがなければ、完璧なランニングコースになるんですけどね。。

途中から歩道になります。古くからある参道なので、木が鬱蒼と生い茂っています。直射日光を遮ってくれるので、夏の猛暑日にはおすすめのコースです。

参道沿いには、歴史を感じるお店がいっぱい。こちらは手焼岩せんべい「小林屋」さん。

3つ目の道路を横断すると、赤い鳥居がお出迎え。

人がいない時に全力ダッシュすると気持ちいいですよ。

途中、こんな切り株を発見。

氷川神社七五三詣のシーズン

参道口から約2キロ、ようやく氷川神社に到着しました。 

ちょうど「氷川神社奉納菊花大会」が行われていました。

一礼して境内に入ると、目の前に「七五三 祈祷受付所」の看板が。

記念撮影のスポットもありました。来週はここで写真を撮らないと。

こちらでお参りをしてきました。

インターバルトレーニング 

 自宅から氷川神社までは往復10キロ。氷川参道を走って身を清め、氷川神社でお参りして帰る、なんとも理想的なランニングコースです。埼玉随一のパワースポットと噂されるだけあって、氷川神社に来ると、身も心もリフレッシュできる気がします。

唯一の欠点は、直線2キロの氷川参道で3度ある信号待ち。これがなければ完璧なコースなんですけどね。

でも待てよ。直線で全力ダッシュして信号で休めば、インターバルトレーニングにいいかも!そう閃きました。

ということで、氷川参道で4本の全力ダッシュをして来た道を戻りました。

この記事をシェアする

よく読まれている記事

  1. ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ
  2. 【2017年版】海外の人気マラソン大会まとめ:憧れのレースに出場するための第一歩
  3. シューズで二股かけるなら、アシックス「DynaFlyte(ダイナフライト)」がおすすめ
  4. 世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう
  5. レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について