「越生梅林まつり」で梅と埼玉B級グルメを満喫!

ランナーの休日

週末に埼玉県西部の越生(おごせ)という町を訪れました。お目当は、越生で毎年2〜3月に開催される「越生梅林まつり」です。

関東三大梅林のひとつ

 

特に梅が好きというわけではありませんが、越生梅林が関東三大梅林のひとつだと知り、三つともコンプリートしたくなりました。他の二つの水戸偕楽園と熱海梅林は行ったことがあるので。

越生は自宅のさいたま市からだと車で1時間ほど。東京方面からだと関越道の高坂ICを降りてすぐです。

越生町に入ると「越生梅林まつり」の案内を見かけるので、矢印に沿って進めば大丈夫でした。開催二日目だったので、かなり混雑していました。10時半に到着したのですが、駐車場はほぼ満車。

越生梅林にはいくつか入口があり、入園料300円を支払います。小学生以下は無料でした。

越生梅林を散策

 

園内にはいろんな種類の梅が咲き乱れています。まだ2月中旬だというのに、すでに見頃を迎えています。

こちらは「蝋梅(ろうばい)」。てっきり「老梅」かと思い込んでいましたが、花びらが蝋に似ているから「蝋梅」なんですね。勉強になります。

園内にはちょっとした展望台もあって、上空から梅林が一望できるようになっています。

ちなみに越生梅林は、個人の持ち物だそうです。

なんとSLのミニチュアトレインもありました!ちゃんと本物の石炭を焚いて動く蒸気機関車です。子供達にせがまれて列に並んだのですが、運悪く故障してしまったようで、何度か止まっていました。

気を取り直して、越生町のマスコットキャラクターの「梅りん」にご対面。お目目がパッチリで可愛いですね。

越生梅林の屋台

 

さて、花見はこれぐらいにして、食べ物を探しに行きます。ちょうど昼時だったので、屋台の周りはかなり混んでいました。ちゃんとテーブルと椅子が用意されていて、花見を楽しみながら食べるスタイルです。

地元埼玉のB級グルメから定番の屋台メニューまで、幅広く揃っていました。一番のお気に入りは、パックに溢れんばかりの豚肉ヤキソバ。ほとんど独り占めしてしまいました。

お土産も充実しています。当然ながらありました、梅干し。「B級品」でもぜんぜん崩れていません。500円でこのボリュームはお買い得ですね。

まとめ

 

以上、関東三大梅林のひとつである越生梅林で開催されている梅祭りについて紹介しました。すでに開花が進んでいるので、興味がある方はお早めに!

この記事をシェアする

よく読まれている記事

  1. ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ
  2. 【2017年版】海外の人気マラソン大会まとめ:憧れのレースに出場するための第一歩
  3. シューズで二股かけるなら、アシックス「DynaFlyte(ダイナフライト)」がおすすめ
  4. 世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう
  5. レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について