夏の「星野リゾート トマム」に滞在する前に知っておくべき5つのこと

夏の「星野リゾート トマム」に滞在する前に知っておくべき5つのこと|ともらん

夏休みの家族旅行で北海道の「星野リゾート」に滞在しています。何もしない、ゆったりとした時間を過ごすには最高の場所ですが、「雲海テラス」や「水の教会」を訪れたり、食事や現地でのアクティビティを満喫するためには、事前の情報収集が欠かせません。
作成| 更新

星野リゾート トマムとは?

星野リゾート トマムは、星野リゾートが北海道のトマムで運営する複合リゾート施設です。

新千歳空港から約90分。北海道のほぼ中央に位置する約1000haの広大なリゾート。雲海テラスや国内最大級の屋内ウェイブプールのほか、自然体験アクティビティも充実。冬にはスキーや氷の街アイスヴィレッジで楽しめる通年型複合リゾートです。(公式サイトより)

場所はちょうど北海道の真ん中あたり、札幌から東へ150kmのところです。近くに道東自動車道(高速道路)の「トマムIC」と JR石勝線のトマム駅があるので、アクセスは悪くありません。

北海道の大自然を感じながら、リーゾートステイを楽しめるのが特徴です。グリーンシーズン(主に夏)とウィンターシーズン(主に冬)で楽しめるアクティビティがガラリと変わります。

今回は、グリーンシーズン真っ只中の8月下旬に2泊3日滞在しました。

滞在中は何もせずに、ゆったりとした時間を過ごせた反面、「これは事前に知っておきたかった…」ということがいくつかありました。

今後、星野リゾート トマムに滞在する方、あるいは滞在を検討している方のために、備忘録として残しておきますね。

1. 敷地内の移動は巡回バスが基本

星野リゾート トマムの敷地面積は1000ha、東京ドーム約200個分の広さです。

宿泊施設やレストラン、プール、露天風呂は敷地内に点在しており、施設間の移動は基本的に巡回バスを使います。

例えば、宿泊施設の「レゾナーレ トマム」から露天風呂の「木森の湯」までの所要時間は15分ほど。バスは15〜20分間隔で出ているため、待ち時間も含めると、ドアツーアドアで30分は覚悟したほうが良いです。

歩くと2.4kmなので40〜50分かかるでしょうね。結局、お風呂は3日間の滞在中、1度しか入りませんでした。

2. 人気レストランは混雑する

星野リゾート トマムの中には十数ものレストランがあります。人気のレストランは朝食もディナーも混雑しており、ピーク時は30〜60分待ちが普通です。

中には「hal -ハル-」のように、事前にウェブ予約できるレストランもありますが、ぼくがチェックしたときは当日〜1週間後まで空席なしの状態でした。

リゾートステイを楽しみに来ているのに、食事をするのもひと苦労、というのはちょっと残念ですね。まあ、混雑情報がリアルタイムで確認できるのは、せめてもの救いでしたが。

3. 雲海を見るには3時半起床

夏の星野リゾート トマムの定番といえば「雲海テラス」が有名です。

朝日を浴びながらゴンドラで13分の空中散歩で行きつく先は、想像を遥かに超える絶景が広がります。 少し早起きして、清々しい朝の時間をお過ごしください。(公式サイトより)

これが見たくて星野リゾート トマムに宿泊する方も多いのではないでしょうか?ぼくもその一人です。

ところが、チェックイン後の案内を聞いてびっくり。「雲海テラス」を楽しむには、始発のゴンドラに乗るのがおすすめとのこと。

最初のバスが午前4時過ぎに宿泊施設を出発するので、それに乗るためには3時半には起きていないとです。3時半起床って、なんだかお寺の修行みたいですね。

滞在中は、雲海が見られる確率を表す「雲海予報」が20〜30%だったので最初から諦めました。

早起きが苦手な方には「雲海テラス」はちょっとハードルが高いかもしれません。

4. 水の教会は一般開放時間が限られている

星野リゾート トマムの滞在者に人気のスポットがもうひとつあります。それは、世界的建築家の安藤忠雄さんが設計した「水の教会」です。

世界的建築家・安藤忠雄氏は目の前に広がるあるがままの自然を、人間の意志によって切り取った空間こそ「聖なる空間」であると語る。建築を通して、自然の要素「水・光・緑・風」に触れることで徐々に心と体が浄化され、精神が研ぎ澄まされる。いつのまにか素直な気持ちになっていく、それが「水の教会」(公式サイトより)。

こちらも一度は見てみたいと思っていましたが、一般開放時間が限られているため、時間外だと見学ができません。

公式サイトにちゃんと書いてありましたが、完全に見落としていました…。

5. 雨だとアクティビティが限られる

星野リゾート トマムの一番の魅力は、北海道の大自然を感じられる屋外アクティビティです。冬はウィンタースポーツ、夏はアウトドアスポーツなど。

しかし基本的に屋外で活動するので雨が降ったらアウト。

今回の滞在では3日間のうち、2日間は雨でした。とはいえ、小雨だったので、傘をさせば散歩ぐらいはできましたが。

ワンポイントアドバイス

以上、星野リゾート トマムに滞在して「これは事前に知っておきたかった…」と思ったことを5つ紹介しました。

記事の性質上、ネガティブに捉えられてしまう内容かもしれませんが、これらを事前に知っておけば、星野リゾート トマムでの滞在がより充実したものになると思います。

星野リゾート トマムでの楽しかった思い出は、また別の記事で紹介したいと思います!

マラソンブログ「ともらん」をお読みいただき有難うございます!このブログを気に入っていただけたらシェアをお願いします。