【inゼリー エネルギー レビュー】「KEI」と「NAOMI」スペシャル

>

マラソンブロガーのともです。

「10秒チャージ」のキャッチコピーでお馴染みの「inゼリー」。テニス界のスーパースター、錦織圭・大阪なおみをフィーチャーしたスペシャルバージョンを紹介します。

inゼリー エネルギーとは?

「10秒チャージ」のCMでお馴染みの「inゼリー」は、森永製菓が展開するエナジージェルのブランドです。

エネルギー補給を目的とした「エネルギー」タイプや、ビタミン補給を兼ねた「マルチビタミン」タイプ、たんぱく質が手軽に補給できる「プロテイン」タイプなどのラインアップがあります。

どれもキャップ付きのパウチパックで飲みやすいのが特徴です。スーパーやコンビニでも売られているので入手しやすく、ランニングの前はもちろん、ランニングの途中でコンビニに立ち寄り、手軽に「10秒チャージ」することもできます。

テニスのスーパースター

今回、たまたま「KEIスペシャル」と「NAOMIスペシャル」を見かけて興味を持ち、試しに飲んでみることにしました。

写真左が錦織圭選手をフィーチャーした、ゴールデンパイン味の「KEIスペシャル」です。写真右が大阪なおみ選手をフィーチャーした、ゴールドキウイ味の「NAOMIスペシャル」。いずれもパッケージの表にご本人たちのサインが入っています。

いずれも、スタンダードタイプの「inゼリー エネルギー」のスペシャルバージョンという位置付けで、フレーバーが異なります。

以下、成分表示です。

「KEIスペシャル」と「NAOMIスペシャル」をスタンダードタイプと比較しました。カロリー(180kcal)含め、ほとんど同じです。

スタンダード KEIスペシャル NAOMIスペシャル
エネルギー 180kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 45.0g
食塩相当量 0.1g 0.16g 0.2g
カリウム 50mg
リン 0.45~2.7mg
ナイアシン 1.0~1.9mg
パントテン酸 0.46~2.1mg 0.18~2.1mg
ビタミンA 45~120μg
ビタミンB1 0.09~0.25mg
ビタミンB2 0.11~0.21mg
ビタミンB6 0.10~0.20mg
ビタミンB12 0.20~0.67μg
ビタミンC 80~190mg
ビタミンD 0.42~1.7μ
ビタミンE 0.74~1.2mg
葉酸 20~90μg
スタンダード KEIスペシャル NAOMIスペシャル

飲んでみた感想

20km走に出かける直前に、「inゼリー エネルギー」の「KEIスペシャル」と「NAOMIスペシャル」を2本とも飲んでみました。

まずは、ゴールデンパイン味の「KEIスペシャル」から。風味が甘ったるくて、個人的には苦手でした。

次は、ゴールドキウイ味の「NAOMIスペシャル」から。ほんのり酸味が効いており、後味がサッパリしています。ゴールドキウイはフルーツとしても好きなので、これは好きな味です。

フレーバー以外では、キャップ付きなので、小分けに飲めるのが良いですね。今回はランニング前に一気に飲んでしまいましたが、ランニングの途中でこまめに補給するのも良し。

それから、水分を多く含んでいるので、水なしでそのまま飲めるのも良いですね。

僕はレースでは「明治 ピットイン エナジージェル」を使っていますが、ピットインは濃厚ジェルなので水なしで飲むのはキツい。「inゼリー エネルギー」だと、これ1本で水分とエネルギーが同時に補給できます。

一方で、重さが180gあるので、手に持つと結構ずっしりします。レースで携帯するには重すぎる気がします。ピットインは1本170kcalで重さ69gですからね。1gあたりのエネルギー換算率だけみると、「inゼリー エネルギー」は効率は良くありません。

まとめ

以上、森永製菓のエナジージェル「inゼリー エネルギー」の「KEIスペシャル」と「NAOMIスペシャル」を紹介しました。