読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

CASEKOO アルミバンパー【徹底レビュー】iPhoneをランニングで使いたい人向け

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

先日、iPhone 11 Proに機種変更しました。

新型iPhoneはいいですね。特にトリプルカメラ(三眼)の性能に惚れぼれしています!

ランニング中でも安心して写真撮影ができるようにと、アマゾンで「CASEKOO アルミバンパー」を購入し、早速使ってみました。

ミニマルで軽量なデザインなのに、フロントの画面とリアのカメラレンズをしっかり保護する優れた耐衝撃性能。しかもストラップホール付きなので、万が一手が滑っても安心です。

対応機種ですが、iPhone 11 Proのほか、iPhone 11 Pro MaxiPhone 11/XRiPhone Xs Maxに対応しています。

超軽量ミニマルデザイン

CASEKOO アルミバンパーは、iPhoneを保護するための機能を、すべてバンパーに詰め込んでいます。

バンパー、つまり側面のカバーだけで、フロントの画面とリアのカメラレンズをしっかりと守ってくれます。普通ならリア(後ろ側)にもカバーが付いてますよね。CASEKOO アルミバンパーは、バンパーのみ。

でも、側面のバンパーだけで大丈夫なの?

最初にCASEKOO アルミバンパーを見たときは半信半疑でしたが、実際に使ってみると、そのトリックがわかりました。

強靭なアルミバンパー

まず、バンパー自体には、アルミ素材とプラスチック素材の二層構造になっているため、強靭さ(アルミ)と手触りの良さ(プラスチック)を両立しています。しかもアルミなので、とても軽い。

バンパーの穴の部分を良く見ると、アルミ素材が見えます。

四隅の突起が特徴

CASEKOO アルミバンパーの最大の特徴は、リア(後ろ側)の四隅に配置されたわずかな突起部分。

トリプルカメラのレンズよりも、突起の方が高さがあるので、落下時でもカメラレンズに直撃することはありません。

机の上においても、平面とカメラレンズの間にわずかならが隙間が残ります。

ストラップホール付き

そして、ランナー的に嬉しいのがストラップホールが付いていること。

ランニング中に写真撮影すると、どんなに注意していても、手が滑ってiPhoneを落としてしまう可能性があります。

落として傷つくだけなら自己責任で済みますが、レース中に落としたりすると後続のランナーに迷惑をかけてしまうので、絶対に落ちない仕組みが必要不可欠。

ストラップホールにストラップを繋いでおけば、万が一手が滑っても、iPhoneを落とす心配はありません。

耐久性レポート

ここからは、CASEKOO アルミバンパーの使用感や耐久性を定点観測的にレポートしていきます。

ファーストインプレッション

1週間ほど使い続けていますが、今のところ満足しています。

以前はシリコン素材の「Deff CRYTONE Hybrid Silicone Hard Case」を使用していたのですが、ケース内側の裏地がマイクロファイバーなので汗で濡らすことができませんでした。

また、汗で濡れるとシリコン素材がベタつき、ポケットに出し入れしにくい問題もありました。

CASEKOO アルミバンパーは、バンパーの外側はプラスチックなので、汗でベタつく心配はありません。

水洗いしても、毎回着脱して乾燥する手間が省けます。

さいごに

これで安心してiPhone 11 Proをランニングに持っていけます!

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎