旅ランニング|伊豆大島にフェリー・飛行機でアクセスする方法:おすすめは夜行フェリー

東京都

東京から伊豆大島へは、大型客船・高速ジェット船・飛行機でアクセスできる。今回、夜行フェリー(竹芝桟橋〜岡崎港)と飛行機(大島空港〜調布飛行場)を利用したので詳しく紹介する。

購入ガイド

サムソナイト バイアススタイル 3ルームパック」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

伊豆大島はどこにあるの?

伊豆大島(いずおおしま)は相模湾の南、伊豆半島の東に位置する伊豆諸島最大の島。住所は東京都大島町で、島内を走る自動車のほとんどが品川ナンバーだ。

本州から伊豆大島までは、フェリーと飛行機でアクセスできる。

交通手段本州伊豆大島
フェリー東京・竹芝桟橋岡崎港
神奈川・横浜桟橋
静岡・熱海港
神奈川・久里浜
フェリー(季節航路)神奈川・久里浜
静岡・伊東港
飛行機東京・調布飛行場大島かめりあ空港

東京〜伊豆大島

東京から伊豆大島にアクセスする方法は以下の3つ。

  • 大型客船(最短6時間)
  • 高速ジェット船(最短1時間45分)
  • 飛行機(最短25分)

大型客船

東海汽船が運行。22時に東京・竹芝桟橋を出発し、翌6時に伊豆大島・岡崎港に到着する夜行フェリー。海上で寝ている間に移動できるので、時間を有効的に使える。

運賃は乗船クラスによって異なり、2等4,650円、特2等6,980円、1等9,300円、特1等11,160円、特等13,010円。早期購入割引やインターネット割引などがあるので、詳しくは公式サイトへ。

高速ジェット船

東海汽船が運行。午前・午後に1便ずつ、東京・竹芝桟橋〜伊豆大島・岡崎港を2時間弱で結ぶ。運賃は7,540円。詳しくは公式サイトへ。

飛行機

新中央航空が運行。調布飛行場と大島かめりあ空港をプロペラ機で結ぶ。運賃は12,000円。所要時間は30分以下だが、調布飛行場にアクセスしづらいのが難点。

往復割引運賃などがあるので詳しくは公式サイトへ。

フェリーの乗り方

ここでは大型客船の夜行フェリーの乗り方を詳しく解説する。

竹芝桟橋へ

フェリーが発着する竹芝桟橋へ向かう。JR浜松町駅から徒歩15分、ゆりかもめ・竹芝駅から徒歩3分。

竹芝客船ターミナルに到着。

受付で予約番号を伝えて乗船券を受け取る。

乗船票に個人情報を記入する。万が一、遭難した際に必要になるらしい。

さるびあ丸に乗船

今回乗船するのは「さるびあ丸」。総トン数6,099t、全長118m、全幅17mの大型客船だ。

近くで見ると迫力がある。

船内の施設

さすが大型客船だけあって、船内にはビジネスホテル並みの施設が揃っている。

こちらは自動販売機・パントリーのコーナー。水・熱湯が出るシンクもあるので、カップラーメンも作れる。

スーツケースなど大型の荷物を保管しておく場所。

トイレは各フロアにあり、清潔に保たれている。

洋式トイレはウォシュレット付きなので安心。

1等室

客室は、2等、特2等、1等、特1、特等の5つのクラスに分かれている。今回僕が利用したのは真ん中の「1等」。

1等は6~12名の相部屋。全席マットレス・コンセントがあり、顔の部分がパーテーションで仕切られている。

ロッカーもついているので安心だ。

マットレスは自分でセットする。

意外と快適で寝心地はよかった。

寝そべるとこんな感じ。基本的に24時消灯だが、スイッチで照明を落とすこともできる。消灯しても真っ暗にはならないので、アイマスクはあった方が良い。

東京湾をクルージング

甲板に出ると東京湾の夜景が楽しめる。写真はレインボーブリッジ。

東京〜横浜区間は夜景が美しい。

展望レストラン

最上階の6階の展望レストランでは、ラーメン、チャーハン、丼ものなどが食べられる。

金曜日だったので、出航してすぐに席を取らないと埋まってしまう人気ぶりだった。

今回は「釜揚げしらす丼」を注文。これで1000円は高いが、観光地価格なのだろう。

伊豆大島に寄港

5時半頃に間もなく伊豆大島に到着するとのアナウンスがある。伊豆大島が終点ではないので、寝過ごさないように注意が必要だ。

伊豆大島北側にある岡崎港に寄港する。到着時間に合わせて、島内の主要エリアに向かうバスが出ている。

飛行機の乗り方

ここでは飛行機の乗り方について詳しく解説する。

大島かめりあ空港

伊豆大島の空の玄関口は「大島かめりあ空港」。島の北西部、岡崎港と元町港の中間に位置する。

出発1時間前になると、受付で搭乗券が発券できる。

1階には受付カウンターと到着口、2階には出発口、売店、喫茶店、荷物検査場がある。

売店で「大島銘菓 牛乳せんべい」を購入。昔からあるお菓子らしい。

待合室からプロペラ機が見えた。

機内の様子

出発20分前になるとボーディングが始まる。一旦飛行機の前で待ち、氏名を呼ばれたら乗り込むスタイルだ。

機内は片側1席のみ。搭乗券に座席番号はなく、空港スタッフの方に「前から3列目左側」というように座席を教えてもらう。

機内持ち込みの荷物は足元に置く。

ちょうどプロペラの真横に座った。大島かめりあ空港から調布飛行場までの所要時間は25分。途中、葉山→戸塚→立川の上を低空飛行し、空の旅が楽しめる。

調布飛行場

到着時間の10分前には調布飛行場に着陸したので、実際に飛んでいる時間は15分くらいだろうか。とにかく速い。

速いけど、調布飛行場から主要駅へのアクセスは微妙。バスも本数が少ないし、タクシーもなかなか来ない。飛行機に乗っている時間と、調布飛行場から最寄駅に行く時間は大して変わらない。

夜行フェリーがおすすめ

今回は「伊豆大島マラソン2021」を走るために伊豆大島を訪れた。

レースが開催されたのは、2021年12月11日の土曜日。金曜日の22時に東京・竹芝桟橋を出発して、土曜日の6時に伊豆大島・岡崎港に到着。

8時半からマラソンを走り、午後は温泉に浸かってのんびり過ごす。そしてその日のうちに飛行機で東京に戻った。

帰りの便は、大型客船と高速ジェット船と14時台、飛行機が15時台に出発するので、日帰りでも半日遊べる。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

サムソナイト バイアススタイル 3ルームパック」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

マラソンブロガーの僕がバックパック選びで重視するのは、ランニングシューズが簡単に出し入れできること。今回紹介するサムソナイトの「バイアススタイル 3ルームパック」は、バックパックの下にシューズ収納が付いており、シューズを外から直接出し入れできる。ビジネスバッグとしても使えるので、仕事帰りにワークアウトしたり、出張にランニングシューズを持っていくのに使える。

サムソナイト バイアススタイル 3ルームパック」の最新価格を今すぐチェック!

#東京都

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。