マイルで次世代のアスリートを応援しよう!「JALネクストアスリート・マイル」の参加方法

更新:

マイルで次世代のアスリートを応援しよう!「JALネクストアスリート・マイル」の参加方法

ちなみにぼくは ANA派です。でも、稀に仕事で JALに乗ることもあります。そんな訳で、JALマイルは意識して貯めていませんが、JMB(JALマイレージバンク)には中途半端な額のマイルが貯まっています。

その額、2474マイル。特典航空券や提携ポイントに引き換えるには少なすぎます。

この有効期限が切れちゃうのはもったいない…。と思っていた矢先に「JALネクストアスリート・マイル」の存在を知りました。

JALネクストアスリート・マイルとは?

簡単に言うと、JALマイルを寄付して日本の次世代のアスリートをサポートできる仕組みです。

JMB(JALマイレージバンク)の会員なら、JALのホームページから申し込みが可能。

寄付は1口2000マイルから。同じマイル数をJALが上乗せしてくれるので、2000マイル寄付すると合計4000マイル分の支援ができます。

支援できる競技団体

JALネクストアスリート・マイルで支援できる競技団体はこちらのページから確認できます。

競技別に選択できる

陸上、空手、柔道、スポーツクライミングなど、競技種目ごとに分かれています。自分が興味のある競技を支援できるのはいいですよね!

特に支援したい競技がない方、あるいは支援したい競技が多すぎて悩む方は「全競技へ均等に寄付する」という選択も可能です。

陸上の場合

ぼくが最も興味のある「陸上」を見てみましょう。陸上に寄付したマイルは「U19」「U23」の支援に使われます。

皆さまのマイルが、U19、U23世代アスリートの翼となり、世界への挑戦を後押しします。夢の実現へ一歩踏み出すための、応援宜しくお願いします。

2018年9月時点の支援状況は、51人のサポーター、合計296000マイルです。JALの上乗せ文も含まれているので、一人当たり平均2900マイルを寄付している計算になります。

支援に参加する方法

ちょうど JMBアカウントに2474マイル貯まっていたので、2000マイルを使って「JALネクストアスリート・マイル」の支援に参加してみました。

手続きは簡単!わずか1分で完了しました。

1. JAL公式サイトへアクセス

公式サイトはこちら。JBM会員のアカウントのログインが必要です。

2. 応援先を選ぶ

自分が応募したい競技団体を選び「マイルでサポートする」をクリックします。ちなみにぼくは「陸上」を選びました。

3. マイル数を選択

マイルは1口2000マイルから寄付することができます。自分のアカウントには 2474マイル貯まっていたので、1口分のマイルを寄付します。

手続きが完了すると「ネットアスリートマイル(陸上)手続き完了のお知らせ」と題したメールが届きます。

支援先の活動レポート

JALネクストアスリート・マイルの公式サイトには、各競技団体の「活動レポート」が掲載されており、寄付したマイルがどのように使われているのかが分かります。

更新頻度は競技団体によって異なります。ぼくが支援させていただいた「陸上」は2016年以降更新がありません(笑)。

ワンポイントアドバイス

お金ではなく、マイルでアスリートを支援できる仕組みは面白いと思いました。

特に「特典航空券に換えるにはマイル数が足りない」「マイルの有効期限が間近」などの理由で困っている方は、マイルでアスリートを支援してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

この記事が気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです。

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧